「にじさんじフェス 2023」会場レポート KAI-YOUイチVTuberを知る女も大満喫

「にじさんじフェス 2023」会場レポート KAI-YOUイチVTuberを知る女も大満喫
「にじさんじフェス 2023」会場レポート KAI-YOUイチVTuberを知る女も大満喫

KAI-YOU・うぎこによる「にじさんじフェス 2023」会場レポート

バーチャルライバーグループ・にじさんじ史上最大規模のイベントとして、12月22日から24日(日)まで開催されている「にじさんじフェス2023(略称・にじフェス)」。

国内外のにじさんじ所属VTuber総勢150名以上が参加。“文化祭”をテーマに、ライブステージや所属VTuberがセルフプロデュースした企画、アトラクション、会場展示、グッズ販売など、様々な催しが東京ビッグサイトで行われています。

自称“KAI-YOUイチのVTuber通”の私うぎこも、KAI-YOUの取材班として「にじさんじフェス2023」に潜入して楽しんできました。今回はそのレポートをお届けします!

自称・KAI-YOUイチVTuberを観てる社員・うぎこ にじさんじの推しライバーはレオス・ヴィンセントさん

目次

KAI-YOUイチVTuberを知る女「にじフェス」に潜入

会場である東京ビッグサイト正面入り口には、でっかくキービジュアルのイラストが使用されたパネルが。

ちなみに「にじさんじフェス 2023」が行われているのは東ホール。反対の西ホールでは、ソーシャルゲーム『グランブルファンタジー』のイベント「グラブルフェス2022-2023」が開催されているので、お間違いなく!

「にじさんじフェス 2023」会場の東京ビッグサイト

開場1時間前の朝8時に着いた時には、すでに長蛇の列。

並んでいるお客さんは、それぞれ推しライバーの缶バッチを大量につけたバッグを持ち歩いていたり、推しライバーを意識したコーディネートをしたりと、今日この日を楽しみにしていたことが伝わってきました。

一足先に東ホールに入ると、色々なアトラクションや会場展示、ステージが会場全体に設置されており、まさにお祭り感たっぷりです。

共通衣装展示では、「にじさんじフェス 2023」のスペシャルステージとして開催される「にじさんじ 5th Anniversary LIVE 『SYMPHONIA』」で、ライバーの皆さんが着用する衣装が展示されていました。

共通衣装展示

共通衣装ではありますが、ライバーの皆さん自身がアイデアを出したアイテムやモチーフなどが取り入れられています。お揃いだけど、一人一人の個性が出てるのがいいですよね。

個人的には、魔界ノりりむさんの衣装が可愛かったです。

うぎこ「りりむちゃんっぽくて最高ー!」

アトラクションや展示であの人気番組を体験

共通衣装展示を見た次は、近くにある「ヤシロ&ササキ レバガチャ台パンマシーン」を体験。

ヤシロ&ササキ レバガチャ台パンマシーン

YouTubeで2022年4月から2022年4月まで配信されていた公式番組「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」の台パンマシーンが遊べるアトラクションです。

台の前に立つと、社築さんと葛葉さん……の真似をしている笹木咲さんが登場。WDC(ワールド台パンチャンピオン)の会場に招かれて、いざ、台パン!

「ヤーーーーーッ!!!」

ヤーーーーーッ!!!

ハァハァ……精一杯がんばりましたが、咲ちゃんからは「まぁまぁかな〜^^;」との評価。

結果は39位ということで、魔界ノりりむちゃんより下で、フミさんより上でした……これはどうなの!?

続いては「ライバーを倒せ!ローションストライク」へ。舞元啓介さんが考案した人気企画(?)ローションカーリングをモチーフとしたアトラクションです。
にじさんじお馴染みのローションカーリング
ライバーが描かれたストーンで、ライバーが描かれたパネルを倒すという爽快感! 全員倒せると、周りのスタッフさんがめっちゃ褒めてくれます(笑)。

私は加賀美ハヤト社長を投げて(?)、さんと舞元さんを倒し、剣持刀也さんは倒せませんでした。

残念! ストライクはならず。うぎこ「剣持ィ……」

なお、レバガチャダイパンやローションストライクを体験すると、限定のデジタル壁紙がもらえます。アトラクション後にもらうのを忘れずに!

同じく東5・6ホールにあるスタジオ見学では、にじさんじの人気番組「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」「木10!ろふまお塾」「ゲームる?ゲームる!」「くろのわーるがなんかやる」「にじさんじのB級バラエティ(仮)」のスタジオを再現したブース展示が。

「ゲームる?ゲームる!」のスタジオを再現したブース展示

スタジオのホワイトボードには、メンバーの手描きと思わしき落書きも……!?

「ゲームる?ゲームる!」のスタジオのホワイトボードには、メンバーの手描きと思わしき落書きもあり、楽しい雰囲気を直に感じられました。

1
2
3

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

エンタメの週間ランキング

エンタメの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ