笹木咲

ささきさく

笹木咲とは、日本のバーチャルライバー(VTuber)。にじさんじゲーマーズのメンバー。年齢不詳の高校2年生。誕生日は11月11日。

笹木咲とは

笹木咲とは、バーチャルライバーである。いちから株式会社が運営する「にじさんじ」グループのメンバー。ゲーム配信に特化した「にじさんじゲーマーズ」としてデビュー。

11月11日生まれの高校2年生。好きなものはゲームと水族館。関西女子である。メンダコとパンダが好きで、パンダの顔がフードになっているパーカーを着ている。

2018年から活動開始。一時引退するも2019年に活動再開した。

ファンは笹キッズという愛称で呼ばれ、#笹の絵というハッシュタグを見ると、ファンが描いた笹木咲のイラストを見ることができる。

笹木咲、活動再開後にブレイク

活動再開直後に投稿した動画「笹木は嫌われている。」がヒット。

VTuber活動によって出会った人々の名前をドロップしながら、運営やファンを批判するかのスレスレの歌詞が大きな反響を呼んだ。

原曲はボカロP/作曲家のカンザキイオリの人気楽曲「命に嫌われている。」。秀逸な替え歌となっている。

笹木咲=稀勢の里説

2018年10月31日。twitterでにじさんじゲーマーズからの引退を発表。当時は「やりたいことが見つかった」という理由だったが、復帰後の動画で理由を「やりたいゲームが権利の関係で配信できないこと」と述べている。このゲームの権利はその後規制が緩和され実際にプレイしている動画が配信されている。

2019年1月に活動再開を自身のtwitterで報告した。しかしこの復帰と稀勢の里が引退を発表したタイミングが重なり、また笹木咲のデビューと稀勢の里が休場したタイミングもほぼ同時期だったため、笹木咲=稀勢の里というネタが広まった。大半はネタという認識だったが、AbemaTVのニュース番組でとり上げられる騒ぎとなった。

その後、笹木本人が動画でニュースに取り上げられたことを話し、改めて笹木=稀勢の里説を否定した。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ