『シン・エヴァ』特典映像が全国で上映 『シン・仮面ライダー』GW特別企画

『シン・エヴァ』特典映像が全国で上映 『シン・仮面ライダー』GW特別企画
『シン・エヴァ』特典映像が全国で上映 『シン・仮面ライダー』GW特別企画

『EVANGELION:3.0(-46h)劇場版』/画像は「エヴァンゲリオン」シリーズ公式サイトから

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のBlu-rayとDVDに収録された特典映像『EVANGELION:3.0(-46h)』が、4月28日(金)~5月11日(木)に全国の劇場で上映される。

庵野秀明監督の最新作『シン・仮面ライダー』との同時上映企画となっており、入場者には両作品のコラボカードがプレゼント。

カードには『シン・仮面ライダー』の登場人物に扮した「エヴァンゲリオン」シリーズのキャラクターたちが描かれており、全5種がランダムで配布される。

コラボカードのキャラクター組み合わせ
・碇シンジ×本郷猛
・綾波レイ×緑川ルリ子
・渚カヲル×一文字隼人
・式波・アスカ・ラングレー×ハチオーグ/ヒロミ
・真希波・マリ・イラストリアス×チョウオーグ/仮面ライダー第0号

『シン・仮面ライダー』と「エヴァンゲリオン」シリーズのコラボカード/画像は「エヴァンゲリオン」シリーズ公式サイトから

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』パッケージの特典映像

『3.0+1.11 Promotion Reel』
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、庵野秀明監督の代表作「エヴァンゲリオン」シリーズの完結作として2021年3月に公開された。

興行収入は同監督の作品では史上最多となる100億円を突破している。

2023年3月にはBlu-rayとDVDが発売されており、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の前日譚を描いた10分40秒の特典映像『EVANGELION:3.0(-46h)』が収録された。

この特典映像は、Blu-rayとDVDの発売記念イベントが開催された映画館で一度上映されているが、全国的な公開は今回が初となる。

ライダー映画史上最高額、興収20億円を突破した『シン・仮面ライダー』

<期間限定公開>『シン・仮面ライダー』冒頭映像
『シン・仮面ライダー』は、『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』に続く、「シン」の名前を冠した特撮作品の最新作として、3月17日より公開されている。

4月23日までに、全国379館(東映公式サイトより)で公開され、興行収入20億2000万円を突破。映画「仮面ライダー」シリーズとして歴代1位の記録を樹立した。

一方で、公開から38日間での数字としては、庵野秀明さんが企画・脚本を担当した前作『シン・ウルトラマン』(2022年5月13日、全国401館で公開)の同38億円を下回っている。

今後、本格的にゴールデンウィークに突入する中で、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特典映像との同時上映を含め、どれだけ興収と動員を伸ばすかにも注目だ。

なお、前述の3作に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を加えた4作は、「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」プロジェクトとして、作品の垣根を越えたコラボが決定している。

庵野秀明をもっと知る

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ