132

画風を学ぶイラストAI「mimic」サービス停止「課題を改善する必要がある」

画風を学ぶイラストAI「mimic」サービス停止「課題を改善する必要がある」

AIイラストメーカー「mimic」/イラストレーター:たんたんめんさん

イラストレーターの画風を学習してイラストを生成するAIイラストメーカー「mimic(ミミック)」の運営が8月30日(火)、トップページを除くベータ版の全機能の停止を発表した。

mimicは、株式会社ラディウス・ファイブが開発する、イラストをアップロードすることでAIがイラストの特徴を学習し、“描き手の個性が反映されたイラストメーカー”を作成できるというサービス。

サービスとしてはイラストの作者本人、もしくはその許諾を受けた人間が利用することを前提としていたものの、8月29日のベータ版リリースに際して、悪意のある人間が他人の作品を学習させ、画風を模倣してしまうのではないか、という議論が発生。

それを受けラディウス・ファイブは、ベータ版では不正利用を防ぐ仕組みが不十分であると判断し、今回の機能停止が決定された。

クリエイターの支援を目的として開発されたmimic

mimicは、日々忙しい中で創作活動を行っているクリエイターが時間をより有効に活用できるよう、イラスト制作の参考資料やSNS/ファンコミュニティの活性化を目的として開発されたサービス。

生成したイラストは自由に利用・公開することが可能となっており、公開する場合は、個人・非商用・商用などの利用範囲の指定が可能。ベータ版では、透かしを入れた画像のみを生成できるようになっている。

公式サイトで公開されているガイドライン(外部リンク)では、「mimic」で生成されたイラストの著作権は「クリエイター(イラストの権利者)に帰属」するとされている。

ベータ版リリース後、不正利用への懸念の声

ベータ版がリリースされると、悪意のあるユーザーが権利を保持していないイラストをアップロードし、画風をコピー。そうして出力されたイラストを自分の作品として発表してしまうのではないかという懸念から議論が発生。

さらには、サービスのヒアリングなどに協力していたクリエイターへの誹謗中傷が行われてしまい、ラディウス・ファイブがクリエイターさまへの批判や誹謗中傷は厳に慎むようにお願い申し上げます。」と声明を発表する事態へと発展していた。

今回の発表では、問い合わせフォームや公式Discordが閉鎖。削除機能が完成し次第、すでに作成済み・作成中のイラストメーカー、そしてイラストメーカーに関連するすべての画像も削除されるとされている。

なお、不正利用に関する課題が解決された場合、正式版がリリース予定であることも明かされている。

1
2

こんな記事も読まれています

118
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ