23

セイキンのショート動画が3300万再生 居眠り動画が世界に広がる

実験動画撮影中に寝てしまったYouTuberの末路 #Shorts

POPなポイントを3行で

  • SEIKINのショート動画が世界でバズる
  • 投稿1か月で3300万再生、HIKAKINも脱帽
  • YouTubeのCEOも「ショート動画」に注目
YouTuber・SEIKIN(セイキン)さんが投稿したYouTubeショートの動画「実験動画撮影中に寝てしまったYouTuberの末路」が世界的に人気を獲得し、投稿されて1ヶ月で3300万回以上も再生されている。

動画の内容は、とある実験を行っていたセイキンさんが、撮影の疲労から居眠りをしてしまうというもの。短い動画の中に居眠りする姿と目覚めた後のリアクションが詰まっており、コメント欄には世界からもコメントが集まっている。

この動画の伸び方に関しては、実の弟であるHIKAKIN(ヒカキン)さんも「勢いがすごい」とコメント。

自身のチャンネルで最も再生されている「YouTubeテーマソング」の高評価が投稿から6年間で69万件なのに対して、セイキンさんの動画は2021年12月の公開から1か月で128万件の高評価がついていることからも、その勢いを評価している。
【完全敗北】実の兄、セイキンにYouTubeで負けました…【ガチ】

YouTubeのCEOも注目する「YouTubeショート」

YouTubeの短尺動画を投稿する機能として日本では2021年にリリースされた「YouTubeショート」。

YouTubeのCEOであるスーザン・ウォシッキーさんが2022年1月に公開した公式ブログによると、すでにショート動画の累計再生回数は5兆回を突破。

毎月数千名のクリエイターに報奨金が支払われる「YouTube ショート ファンド」も運用されており、同ブログでは2021年にこのファンドから支払いを受けたクリエイターの40%以上は、従来のパートナープログラムに参加していなかったクリエイターだとされている。

上記のようにYouTubeショートはその活況と共にクリエイターの裾野を広げており、ブログ内でも今後の予定として新機能の拡充や、クリエイターとブランドをマッチングさせるサービス「YouTube BrandConnect」を用いた新たな収益化手段の模索が挙げられている 2021年には、国内トップのTikToker・じゅんやさんが、チャンネル開設からわずか1年で国内2人目となる登録者数1000万人を達成したことも記憶に新しい。

短尺でインパクトのある動画には、言語的な制約に縛られずに世界で人気を獲得できる可能性があると言えるだろう。

インターネットカルチャーの最新情報

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

12
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ