64

アニメ『カウボーイビバップ』全世界配信 山寺宏一「運昇さん 全世界だってよ…」

「伝説的名作アニメ『カウボーイビバップ』Netflix配信日決定!| ネトフリアニメ」

POPなポイントを3行で

  • アニメ『カウボーイビバップ』Netflixで全世界配信
  • 渡辺信一郎「驚きでありとても光栄です」
  • 山寺宏一「運昇さん 全世界だってよ…」
アニメ『カウボーイビバップ』が10月21日(木)からNetflixで全世界190カ国に配信される。これまでは日本国内での配信のみだった。

監督・渡辺信一郎さんは全世界190カ国での配信について、「カウボーイビバップの世界が、20年以上経った今、そしてこれからも続いていくのは、驚きでありとても光栄です」と喜びを露わにした。

名作SFアニメ『カウボーイビバップ』

『カウボーイビバップ』/画像はサンライズ公式サイトより

『カウボーイビバップ』は1998年に放送、2001年には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』も上映されたSFハードボイルドアニメの金字塔だ。

のちに『サムライチャンプルー』や『キャロル&チューズデイ』を手がけた渡辺信一郎さんが監督をつとめ、2071年の宇宙開拓時代を迎えた世界を舞台に、賞金稼ぎ・カウボーイを描くスペース・ウエスタン(西部劇)だ。

幅広いジャンルのストーリーに合わせた菅野よう子さんの音楽も含め高い評価を獲得。2000年には、日本のSF作品を対象とした星雲賞のメディア部門を受賞している。

加えて、Netflixでの実写化が示す通り、日本のみならず、アメリカをはじめとした世界中で根強く支持されている。

実写ドラマはジェット・ブラック役に楠大典

Cowboy Bebop | Opening Credits | Netflix
アニメ版の全世界配信から1ヶ月後、11月19日(金)から配信されるN実写版ドラマ『カウボーイビバップ』は、日本語版吹き替えキャストが発表されたばかり。

23年ぶりに主人公・スパイクを演じる山寺宏一さんをはじめ、フェイ役に林原めぐみさん、ビシャス役に若本規夫さんら、アニメ声優陣が再集結

主人公・スパイクの相棒であるジェット・ブラック役は、2018年に逝去した石塚運昇さんに代わって、楠大典さんが担当する。

全世界の配信について山寺さんは、自身のTwitterで「運昇さん 全世界だってよ…」と感慨深げにコメント。

石塚さんからジェット役を引き継ぐ形となった楠大典さんもTwitterで、「#プレッシャーあるに決まってるじゃんw」というハッシュタグとともにキャスト決定を報告した。

名作は何度見たっていい

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

15
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ