3

はじめしゃちょー、じゅんやに登録者で抜かれ「誰や! 知らん!」とツッコミながら紹介

画像はすべて動画「また抜かれました。誰だよじゅんやって」から

POPなポイントを3行で

  • はじめしゃちょー、じゅんやに登録者数で抜かれる
  • 「誰や!」「知らん!」とツッコミを入れつつ紹介
  • ファンの反応はネタに、ライバルには塩を送る
はじめしゃちょーさんが動画「また抜かれました。誰だよじゅんやって」を公開しました。

YouTubeのチャンネル登録者数で追い抜かれたじゅんやさんに対して、はじめしゃちょーさんが「誰や!」「知らん!」とツッコミを入れつつ、彼の動画の特徴や人気の理由を解説しています(本人に許諾済みとのこと)。

実はじゅんやさんのことをちゃんと知っているからこその内容になっており、実質、彼の紹介動画にもなっています。

TikTokで3800万人のフォロワーを誇るじゅんや

じゅんや

じゅんやさんは主にTikTokで活動しているクリエイターで、アップする動画はショートがメイン。

驚くべきはTikTokでのフォロワーで、その数は現在3800万人と日本国内では断トツでトップ。言語に関係なく面白さが伝わるシンプルな動画が多く、海外からの人気も高いのがこの数字につながっているようです。

そんな大人気のTikTokアカウントにアップした動画をYouTubeにもアップしており、2020年9月の初動画アップからまたたく間にチャンネル登録者数が増加。チャンネル開設から1年で現在の963万人まで上り詰めています。

さすがの手腕で魅せるはじめしゃちょー

この急進ぶりは現在チャンネル登録者数961万人のはじめしゃちょーさんの耳にも届いていたようで、本人としては「気にしない!」「人は人、自分は自分!」というスタンスで頑張るつもりだったようですが、SNSなどを通して届くファンからの心配で「気にしちゃうだろぉォォォ!」と今回の動画をアップすることになったとか。

ファンからの反応を「気にしてくれてありがとう」と感謝しながら動画のネタにしつつ、数字はやっぱり気にしちゃうという人間味もチラ見せ、さらにライバルに塩を送り、最終的に「抜かれてもあんまり言わないでね!」とオチをつけた、さすがの動画になっています。

YouTubeの猛者たち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

1
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ