5

劇場アニメ『犬王』新キャストに柄本佑、津田健次郎、松重豊、能楽師の片山九郎右衛門

劇場アニメ『犬王』新キャストに柄本佑、津田健次郎、松重豊、能楽師の片山九郎右衛門

『犬王』新キャスト(上段左から柄本佑さん、津田健次郎さん、松重豊さん)

POPなポイントを3行で

  • 湯浅政明『犬王』の第2弾キャストが発表
  • 柄本佑、津田健次郎、松重豊らが新たに判明
  • 初上映されたヴェネチア国際映画祭のレポートも到着
2022年初夏に公開される湯浅政明監督による劇場アニメーション『犬王』の第2弾キャストが発表された。

室町幕府第3代将軍で犬王を高く評価し後援したと言われる足利義満役を柄本佑さん、猿楽の一座の棟梁である犬王の父を津田健次郎さん。壇ノ浦の漁村に暮らす友魚の父を松重豊さんが担当する。

作品のカギとなる「古い面」の声が、現役能楽師として活躍する片山九郎右衛門さん、谷本健吾さん、坂口貴信さん、川口晃平さんに決定。

足利家の従者や公家など脇を固めるキャラクターとして、石田剛太さん、中川晴樹さん、本多力さん、酒井善史さん、土佐和成さんら劇団・ヨーロッパ企画のメンバーが出演する。

併せてキャストコメントと、『犬王』が初上映された第78回ヴェネチア国際映画祭のオフィシャルレポートが到着している。

第78回ヴェネチア国際映画祭での湯浅政明さん

柄本佑、津田健次郎からのコメント

足利義満(あしかがよしみつ)役:柄本佑さん
高校時代松本大洋先生の漫画には大変にハマっていました。まさか先生の画に自分の声を吹き込む日が来ようとは。光栄でした。

犬王(いぬおう)の父役:津田健次郎さん
能楽がアニメになる...しかも湯浅監督で! 一体どんな作品になるのか? 予想もつかない期待感のあるこの作品に参加出来る事がとても光栄です。アフレコの際に見た映像は、能楽がポップにエンターテイメントしてました。とても興味深い作品になっています。是非ご覧下さい!

室町時代のポップスターの友情を描く『犬王』

劇場アニメーション『犬王』特報
古川日出男さんによる小説『平家物語 犬王の巻』を原作に、室町時代に人々を熱狂させた実在の能楽師・犬王と、そのバディである琵琶法師・友魚の友情を描く『犬王』。

物語の主軸になる2人、犬王の声を女王蜂のボーカル・アヴちゃん、友魚の声を俳優の森山未來さんが担当している。 監督に湯浅政明さん、キャラクター原案に松本大洋さん、脚本に野木亜紀子さんと日本屈指のクリエイターが集った作品で、現在開催中のヴェネチア国際映画祭では日本の長編映画として唯一選出された。

映画祭での世界初上映後に行われた質疑応答には湯浅政明監督が登壇。

「犬王のとても明るい性格で、まったく諦めずに自分の夢を実現しようとしているところに感銘を受けました。犬王も友魚も自分のやりたいことを実現させようとした。そんな姿を見ると、自分も周りに左右されず自分の生きたいように生きたいと、勇気づけられます」と作品に込めた思いを語っている。

1
2

こんな記事も読まれています

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ