京アニ『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』制作陣が京都府知事から表彰

京アニ『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』制作陣が京都府知事から表彰
京アニ『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』制作陣が京都府知事から表彰

画像は全て公式Twitterより

POPなポイントを3行で

  • 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が新たに受賞
  • 京都デジタルアミューズメントアワード大賞を獲得
  • 大ヒットロングラン上映している人気作品
京都アニメーションの『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』制作チームが、京都デジタルアミューズメントアワード大賞(京都府知事賞)を受賞した。

このアワードは、映像やゲームなどを通じて、京都の発展に貢献することが期待されるクリエイターを応援する表彰制度。

3月12日(月)14時30分から15時に、オンライン生配信で表彰式が行われる。
京都コンテンツチャンネル LIVE配信

ロングラン上映中の『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

当初2020年1月公開の予定だったが、コロナ禍の影響で2度公開を延期した『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

最終的に同年9月18日に待望の公開となり、現在まで全国各地でロングラン上映されており、2021年1月14日には動員145万人興収21億円を突破した。
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』大ヒット感謝PV
今回の受賞以外にも、「東京アニメアワードフェスティバル2021」アニメオブザイヤー部門・作品賞(劇場映画部門)などを獲得。

また最優秀賞の発表・授賞式が3月19日(金)に行われる「第44回日本アカデミー賞」の優秀アニメーション作品にもノミネートされている。

京都アニメーションの傑作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

かつて戦場で「武器」と呼ばれ、戦うことしか知らなかったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、人の思いを汲み取り手紙に起こす代筆業を通して、様々な心に触れていく姿を描いたアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

小説、漫画などを広く募集する「京都アニメーション大賞」で大賞を受賞した暁佳奈さんによる同名小説が原作で、アニメシリーズと劇場版2作を京都アニメーションが手がけた。

心を揺らす名作たちについて

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ