158

『Tokyo 7th シスターズ』総監督 茂木伸太郎が卒業 ナナシスは継続

『Tokyo 7th シスターズ』

POPなポイントを3行で

  • 『Tokyo 7th シスターズ』総監督 茂木伸太郎がプロジェクトを卒業
  • 『ナナシス』を手がける株式会社Donutsからも退社
  • 卒業後も『ナナシス』の運営は継続される
Tokyo 7th シスターズ』(以下、ナナシス)の総監督・茂木伸太郎さんが、2021年3月31日(水)をもって『ナナシス』のプロジェクトから卒業することを発表した。

また、卒業と同日で『ナナシス』を手がける株式会社Donutsからも退社することを報告。

なお、茂木さんの卒業後も『ナナシス』の運営は継続されるとのこと。

濃密な世界観と楽曲でファンの心を掴むナナシス

【Tokyo 7th シスターズ】 セブンスシスターズ『Shooting Sky』Trailer
2014年にサービスを開始したアイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)』。

アイドルブームが去り"アイドル氷河期"に突入した2034年を舞台に、プレイヤーは次世代アイドル劇場型スタジオ「777(ナナスタ)」の支配人となって、新たなアイドルを育成していく。

水瀬いのりさんや加隈亜衣さん、大西沙織さんなどの若手声優が数多く参加するほか、kz(livetune)さんやヒゲドライバーさん、Junkyさんなど、新進気鋭のアーティストたちがオリジナル楽曲を提供。そのキャスト陣が出演するライブ公演は、これまで幕張メッセや日本武道館などで開催されてきた。

また、アニメ化をはじめノベライズやコミカライズなどメディアミックスコンテンツも数多く展開。2月26日(金)には、完全新作アニメーション映画『Tokyo 7th シスターズ -僕らは⻘空になる-』の公開が控えている。

ナナシスの柱・茂木伸太郎

今回卒業を発表した茂木伸太郎さんは総監督として企画、原作、脚本、シリーズ構成、楽曲・ライブ演出など『ナナシス』におけるほぼ全ての監修を担当。

音楽性だけでなく濃密なストーリーが共存する世界観は人気を集め、多くのファンから親しまれていた。

「Tokyo 7th シスターズ」を応援してくださっている皆さまへ(全文)

支配人の皆さま、
いつも『ナナシス」を応援してくださっている皆さま、
こんにちは、総監督·ブロデューサーの茂木です。

突然のご報告となり、誠に恐縮ではございますが、
2021年3月31日を持ちまして、株式会社Donutsを退社させていただくこととなりました。

そしてまた、同期日を持ちまして、
Donutsにおけるナナシスプロジェクトからも卒業いたします。

自分の中では数年前から、7周年を迎える頃には卒業したいと考えていたこと、
また、去年EPISODEシリーズの完結を迎え、
心から「やりきった」と感じていることを会社に伝え、
その大きなわがままを了承していただいた形となります。

これからの『ナナシス』ですが、以降も運営を続けていく旨を聞いておりますので、
今後はこれまで共に制作·開発してきた信頼するスタッフ陣にすべてを任せ、
自分も皆さまと同じく、外部より『ナナシス』を見守っていきたいと思います。

心残りがあるとすれば、
今月延期と発表された「6th+7th Anniversary Live」ですが、
再開催の折、プロジェクトおよび自身の状況によっては、
制作に携わらせていただけるとのことですので、
それが実現することを祈りつつ、コロナ禍の収束を日々願っている次第です。

思えば、2012年の夏より8年間、
本当にたくさんの人たちに支えられ、今日まで歩いてくることができました。

至らぬ点も多々あったかと思いますが、
制作に携わっていただきました関係各所·社内外のスタッフの皆さん、
シスターズたちに命を与えてくださったキャストの皆さん、
作品に感性と彩りを与えてくださった音楽家の皆さん、

そして何より、『ナナシス』の決して速くない歩みを
温かく見守ってくださった支配人の皆さんに、心より感謝いたします。

自分にとって『ナナシス』は、皆さんと共に過ごした青春であり、
共に見上げたたくさんの色の「空」でした。

その空の下を、時に笑い、時に涙しながら、
皆さんと一緒に肩を並べて歩けたこと、心の底から幸せでした。

また、茂木個人にも多くのお手紙をいただいたことや、
ライブ現場にて直接ご声援をいただきましたこと、身に余る光栄でした。

夏の青空よりも青い空を、桜吹雪よりも心震える紙吹雪を、
自分一人では決して見れない景色を、たくさん見させていただきました。

本当に、ありがとうございました。

「ナナシス」が、ほんの少しでも、
皆さんの未来に良い影響を与えていたのなら、それ以上求めるものは何もありません。

自身の今後につきましては、まだ何も決まっておりませんが、
どういう形であれ、再び、皆さんと共に喜びを分かち合えるようなものを
作れたらいいなと考えております。

なのでまた必ず、いつかどこかで再会しましょう。
虹の向こうの未来(あした)なんていいですね。

それではまた、その日まで。
どうかご自愛下さい。

皆さまの幸せを、心より願っております。

2021年2月12日
茂木伸太郎 『Tokyo 7th シスターズ』公式サイトより

茂木監督、本当にお疲れさまでした!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

154
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ