81

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開が再延期 新たな公開日は未定

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開が再延期 新たな公開日は未定

「エヴァンゲリオン」公式サイトトップ画像

この記事のポイントを3行で

  • 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開が再延期
  • 新たな公開日は未定、決まり次第公式サイト等で発表
  • 「皆様が安心して本作をお楽しみいただける時期を、慎重に検討中」
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ最新作にして完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開再延期が、公式サイトにて発表された。

新たな公開日はまだ未定となっており、「皆様が安心して本作をお楽しみいただける時期を、慎重に検討中でございます」としている。

緊急事態宣言を重く受け止め検討、再延期へ

2021年1月23日(土)の公開が予告されていた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告
今回の公開延期は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の状況、並びに日本政府による緊急事態宣言の発出という事態を重く受け止め、慎重に議論を重ねた結果だという。

今後の公開予定については、「エヴァンゲリオン」公式サイト、公式SNSにて告知されるとのこと。

なお、今回の劇場公開の延期に伴い、2月10日(水)に発売が予定されていた音楽集CD『Shiro SAGISU Music from “SHIN EVANGELION”』も発売を延期される。

全世界が待望する中、惜しくも再びの延期

TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』として1995年からスタートした「エヴァンゲリオン」シリーズ。2007年には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」として再始動。『』『』『Q』の3作が公開されて大ヒットを記録した。

2009年に『破』、2012年に『Q』の公開後、延期に延期を重ねて、ついに最新作が2020年公開という情報が明らかになったのは2018年のこと。

新劇場版シリーズ最新作にして完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日は、しかし、コロナ禍での公開延期を経て、2021年1月23日に改めて公開日が決まっていた。

総監督をはじめ、企画・原作・脚本を庵野秀明さん、監督を鶴巻和哉さんと中山勝一さん、総作画監督に錦織敦史さんら、錚々たるスタッフによってつくられる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。

公開をおよそ1ヶ月前の2020年12月25日には新たな予告映像が公開。「さようなら、すべてのエヴァンゲリオン」という主人公・シンジの印象的なセリフは反響を呼んだ。

あわせてシリーズすべてに楽曲を提供してきた宇多田ヒカルさんが書き下したテーマソング「One Last Kiss」の一部も初公開。

同時に公開された錦織敦史さんが描き下ろしたポスターには、シンジ、レイ、アスカ、マリ、そしてカヲルも登場。公開に対する期待感は否応なく高まっていた。

©️カラー

アニメーションを考える

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

39
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ