167

SFマガジン特集「日本SF第七世代へ」反出生主義、VTuber、フェミニズムSFなどを網羅

POPなポイントを3行で

  • SFマガジン8月号特集「日本SF第七世代へ」6月25日発売
  • 書き下ろし短篇ほか、小説以外で活躍する若手の論考・エッセイが掲載
  • 「日本SF第七世代へ」は「へ」の1文字が大事
SFマガジン特集「日本SF第七世代へ」反出生主義、VTuber、フェミニズムSFなどを網羅

SFマガジン8月号「特集・日本SF第七世代へ」/ 画像はAmazonより

SFマガジン』2020年8月号が6月25日(木)に発売となる。価格は1320円(税別)。

特集は「日本SF第七世代へ」。

ハヤカワSFコンテスト、創元SF短編賞、ゲンロンSF創作講座などが育んできた新たな才能たちの書き下ろし短篇、小説以外のジャンルで活躍する若手による論考・エッセイが掲載。

表紙にはライター陣の名前が省略されずズラリと並び、通常は省略される評論/エッセイへの力の入り方が伺える。

カバーイラストを手掛けるのはイラストレーター・えすてぃおさん。彼の得意とする独自のメカイラストで迫力あふれるクールな仕上がりとなっている。

特集「日本SF第七世代へ」は「へ」が大事

SFマガジン2020年8月号の特集は「日本SF第七世代へ」。

描き下ろしとして『大絶滅恐竜タイムウォーズ』の草野原々さんや、第5回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作『構造体素子』が6月18日に刊行された樋口恭介さんらの短篇が掲載される。

小説以外にもバーチャルYouTuber(VTuber)の届木ウカさんがVRとVTuberについて綴ったエッセイが掲載。

その他にもインターネットカルチャーの思想を紹介してきた木澤佐登志さんによる反出生主義にまつわる評論、近年の日本のフェミニズムSFについての近藤銀河さんの批評など、SFに留まらないポップカルチャーと現代思想のトピックが紹介されている。 早川書房の編集・溝口力丸さんによれば特集の「日本SF第七世代へ」は「へ」の1文字が大事とのこと。

お笑いなどでも使われるように「世代」といえば〇〇史観につながる重要な単語。「日本SF第七世代へ」というフレーズを掲げる今回のSFマガジンが2020年の日本SFに何をもたらすのか注目したい。

特集以外にも6月18日に長編SF小説『三体』の第2部『三体2 黒暗森林』が発売された中国の作家・劉慈欣(りゅうじきん)さんの「クーリエ」が読み切りとして掲載される。

第七世代とは……!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「樋口恭介」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 155

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ