167

『ユリイカ』クイズ特集 QuizKnock×ゲンロン対談、多角的にクイズ界を紐解く

POPなポイントを3行で

  • 『ユリイカ』がクイズ特集
  • 東大王・QuizKnock伊沢の対談も
  • 回答者、クイズ作家など多角的な視点からクイズ界を紐解く
『ユリイカ』クイズ特集 QuizKnock×ゲンロン対談、多角的にクイズ界を紐解く

ユリイカ7月号表紙/画像はamazonから

青土社の芸術総合誌『ユリイカ』が、6月26日(金)に発売する7月号でクイズの世界を特集する。

クイズと言えば、日本テレビの「高校生クイズ選手権」は毎年の風物詩になり、TBSの「東大王」やそこで活躍するQuizKnockも人気コンテンツとして親しまれている。

さらに、近年ではリアル脱出ゲームを手掛けるSCRAPや、松丸亮吾さんの牽引する「謎解き」のブームなど、新しい風も吹きこみ盛り上がりを見せているクイズ界に切り込む。

新旧の王者が集うクイズ界の足跡

今号注目の対談企画は「クイズ王とは何者なのか?」。

対談するのはQuizKnockの代表を務める伊沢拓司さんと、東浩紀さんが創設した株式会社ゲンロンの取締役にして「第3回競技クイズ日本一決定戦〜Knock Out〜」優勝者の徳久倫康さん。

さらに対談の司会者を務めるのは2010年の「高校生クイズ選手権」で伊沢さんと共に開成高校を優勝に導いた田村正資さん。
高校生へアドバイス!高校生クイズ優勝・田村正資と対談
クイズ界の猛者であり、経営者という共通項も持つ二人に、同じく猛者の田村さんがリードを取る。どのような知の共演が見られるのか楽しみだ。

カルチャー界を縦横無尽に読み解く『ユリイカ』

『ユリイカ』はこれまでにもグラミー賞を受賞したBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)さんや、アカデミー賞を受賞した『パラサイト』に代表される韓国映画など、本来のコンセプトである「詩と批評」という枠を越え、時事的な人物やポップカルチャーもいち早く特集し、読み解いてきた。 今回の「クイズ界」特集では、クイズ番組で長年活躍する宮崎美子さんや、クイズ王として活躍し、現在はクイズ作家も務める田中健一さんに迫る「クイズの王権」、クイズとテレビの関係の歴史を紐解く「クイズ‐メディア史」など、『ユリイカ』ならではの様々な視点からクイズに切り込んでいる。

目次予定
・対談
クイズ王とは何者なのか? / 伊沢拓司 徳久倫康 司会=田村正資
・クイズの王権 宮崎美子/ 田中健一
・競技クイズの瞬間 伊沢拓司/徳久倫康/田村正資
・クイズのつくりかた 古川洋平/仲野隆也/近藤仁美
・クイズというユートピア 市川尚志/ワールドクイズインフォ/東田大志
・創作 青柳碧人
・競技クイズの傍らに 杉基イクラ
・クイズ作家とは誰か 矢野了平/日髙大介/戸部田 誠
・クイズ‐メディア史小川博司/河野至恩/太田省一/遠藤知巳
・クイズの掛詞 古今亭今輔/佐々木あらら/小川 哲
・クイズはなにをなすか 中田健太郎/郡司ペギオ幸夫/さやわか/小山 虎
・クイズのフロンティア 松本博文/篠原かをり
・That’s Q 山本貴光/亀山隆彦/遠藤進平
・連載 中村 稔
・モノ・ローグ mono.logue*10 菊地信義
・詩 友理
・今月の作品 選=和合亮一
・われ発見せり 松浦 優

独自の探求を続ける"雑誌"の世界

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ユリイカ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 159

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ