9

『ダイの大冒険』新作アニメに種﨑敦美、梶裕貴 アバンの前日譚も連載

POPなポイントを3行で

  • 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』キャストなど詳細発表
  • ダイ役に種﨑敦美、早見沙織、櫻井孝宏、梶裕貴ら出演
  • アニメの他にゲーム3タイトル、新作マンガなども発表

画像はアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』公式Twitterから

アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の詳細が発表された。

主人公のダイ役には、アニメ『宝石の国』でネプチュナイトを演じた種崎敦美さん、ダイの師匠であるアバン役には櫻井孝宏さん、アバンの一番弟子・ヒュンケル役には梶裕貴さんが出演。

そのほかポップ役として豊永利行さん、マァム役として小松未可子さん、レオナ役として早見沙織さんが出演する。

放送はテレビ東京系列で10月より。

名作、2度目のアニメ化『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』/画像はAmazonより

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は、1989年から1996年まで『週刊少年ジャンプ』に連載されていた三条陸さん原作の漫画。

ゲーム『ドラゴンクエスト』の設定や世界観を引き継ぎながらも漫画ならではの演出やストーリー展開が人気を博し、単行本は累計発行部数4700万部を突破している。

1991年に初のアニメ化を果たした同作だが、今回詳細が発表されたアニメ版は完全新作。CGとアニメの作画を融合させて描かれるダイたちの物語に注目したい。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』あらすじ
かつて、魔王ハドラーにより苦しめられていた世界は、「勇者」と呼ばれた一人の剣士とその仲間たちの手により平和を取り戻した。

時は流れ…。魔王から解放されたモンスターたちが暮らす南海の孤島・デルムリン島。島唯一の人間であり、勇者に憧れる少年「ダイ」は、モンスターたちと平和に暮らしていた。だが、その暮らしも、魔王ハドラーの復活により一変する。

師との約束、仲間との出会い、逃れられぬ宿命…再び危機が訪れた世界を救うため、勇者を目指す少年・ダイの冒険が始まる!

嬉しい情報が続々、ファンから期待の声

<アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」15秒CM

1991年に放送されたアニメ版は改編の影響などもあり、原作とは異なるエンディングを迎えている。

そのため今回の新作アニメに対しては原作の完結までを描き切ることを望むファンの声が多く上がっている。 またアニメ版の続報に加えて「同時進行中」と告知されていたゲーム3タイトル(対戦カードアーケードゲーム・スマートフォン向けアプリゲーム・家庭用ゲーム)の詳細も発表(外部リンク)。

加えて三条陸さん原作でアバンがダイと出会う前の物語が『Vジャンプ』で連載開始となるほか、コミックス新装版の発売、関連グッズ制作も決定しており、2020年は『ダイの大冒険』イヤーになる機運に満ち満ちている。 (c)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (c)SQUARE ENIX CO., LTD.

こちらも公開が楽しみな作品

こんな記事も読まれています

作品情報

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

放送日 2020年10月からテレビ東京系列にて放送開始
放送局 テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送)
原作 三条陸『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(集英社『週刊少年ジャンプ』)
キャスト 種﨑敦美(ダイ)豊永利行(ポップ) 小松未可子(マァム)
早見沙織(レオナ)櫻井孝宏(アバン)梶裕貴(ヒュンケル)
シリーズディレクター 唐澤和也
シリーズ構成 千葉克彦
キャラクターデザイン 宮本絵美子
シリーズディレクター 唐澤和也
アニメーション制作 東映アニメーション

関連キーフレーズ

「ドラゴンクエスト」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ