51

「流し」がZoomで生歌を披露 「流しのいるオンライン横丁」オープン

「流し」がZoomで生歌を披露 「流しのいるオンライン横丁」オープン

流しのいるオンライン横丁

POPなポイントを3行で

  • 平成流し組合が「流しのいるオンライン横丁」開店
  • 週5日、レパートリー豊かな流しがZoomに常駐
  • 家飲みやオンライン飲みがさらに楽しく
ギター流しプロダクションの平成流し組合が、通話ツール・Zoom上で「流しのいるオンライン横丁」を開店した。

「流し」とは居酒屋にふらりとやってきて、そこでしか聴けない音楽を披露してくれるミュージシャン。

「流しのいるオンライン横丁」では、Zoom上に平成流し組合に所属するメンバーが登場し生歌を披露する。

営業は5月10日よりスタートされており、今後も水曜日から日曜日の週5日間、20時より営業されていく。「流しのいるオンライン横丁」の公式TwitterからZoomのURLにアクセスすれば、誰でも参加することができる(外部リンク)。

気軽なオンライン飲みがより楽しく

平成流し組合は、流しの復活と発展を目指す団体。20代から60代の男女が50名ほど所属し、上野や新橋など居酒屋が多いエリアを中心に活動している。

所属するメンバーはこれまで関東圏の飲み屋街を中心に活動してきたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて街での活動を休止。

自宅でも流しのいる居酒屋の空気を味わってもらおうと、5月10日に「流しのいるオンライン横丁」を初オープンした。

「流しのいるオンライン横丁」には、昭和歌謡曲や演歌、平成を彩ったJ-POPなど多彩なレパートリーを持ち歌とする流しが常駐。

その日ごとにテーマが設けられており、参加者はそれに沿った楽曲を中心にリスエストすれば生歌を披露してもらうことができる。オープン初日の5月10日は母の日だったため、テーマを「お母さん」としてリクエストが集められた。 外出自粛のため、最近ではZoomなどの通話ツールを利用したオンライン飲み会が人気となっている。家を出なくてもいい気軽さやリーズナブルさに注目が集まっているが、「オンライン横丁」はそれをさらに楽しいものへと変えてくれるものになるだろう。

参加したからといって、喋ることや顔出しは必須ではない。ふらっと一人飲みに来たように楽しむことも、ラジオを聴くように「ながら」で楽しむこともできる。より気軽で楽しい「おうち時間」を過ごせそうだ。

広がるオンラインの可能性

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

10
Share
5
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ