26

POPなポイントを3行で

  • 『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』と声優・上坂すみれがコラボ
  • 全露No.1メガヒットを記録した戦車アクション映画
  • ロシア・戦車オタクの上坂すみれが見どころを紹介する特別動画

最新ニュースを受け取る

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』×上坂すみれさん

10月25日(金)より全国で公開される、ロシア発の戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』の見どころを声優の上坂すみれさんが紹介する特別映像が公開された。

自他ともに認めるロシア・ミリタリーオタクの上坂さんが、堪能なロシア語を交えて本作の魅力を熱弁する動画。

少女たちが戦車道に心血を注ぐアニメ『ガールズ&パンツァー』ではロシア語も話せるノンナ役を演じたこともあり、ロシアの戦車映画を上坂すみれさんがPRするというハマりすぎの内容は必見だ。

全露No.1の注目作品

映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』予告編
『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は、第67回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した作品『太陽に灼かれて』の監督をつとめたニキータ・ミハルコフが製作を手がけた作品。

舞台は第二次世界大戦。ナチス・ドイツ軍に捕らわれたソ連軍の戦車指揮官・イヴシュキンは、ナチスの戦車戦演習のためにソ連の最強戦車・T-34の操縦を命じられる。

イヴシュキンは自分と同じく捕虜になった仲間たちと隊を組み、演習へ臨む準備期間を与えられるが、演習では戦車に弾を装備することが許されない。命令に背こうが演習に出撃しようが、死が待っているという絶望的な状況から抜け出すために、イヴシュキンは仲間たちと脱走を試みる。

大迫力のアクションシーンも、収容所で出会うヒロインとイヴシュキンとの恋という人間ドラマも描かれた当作は、ロシアでの興行収入は40億円を突破し、800万人もの動員を記録した。

上坂さん大興奮の解説動画

作品を観て「戦車がとにかくカッコイイ!21世紀にこんな戦車映画が観られるとは…エンターテインメントが詰まっていてめちゃくちゃ元気が出る映画でした!」とコメントした上坂さん。

そんなソ連・ロシア・戦車のオタクである上坂さんは、当作の見どころとして、本物のT-34を使用して戦闘シーンを撮影していることや、役者自らが操縦する戦車の車両内を映し出していること、そして戦車から発射された弾丸や着弾の様子を描いた特殊映像などをピックアップ。

興奮した話ぶりで作品について語る上坂さんのロシア・戦車愛あふれる動画でばっちり予習をしてから本作を観よう。

(c)Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

注目の映画が集まる秋

こんな記事も読まれています

作品情報

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』

公開日 2019年10月25日(金)
劇場 新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督・脚本 アレクセイ・シドロフ
製作 ニキータ・ミハルコフ、ルベン・ディシュディシャン、アントン・ズラトポリスキイほか
配給 ツイン

関連キーフレーズ

「上坂すみれ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 15

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ