28

POPなポイントを3行で

  • 星野源が新作EPでPUNPEEらとコラボ
  • 多国籍バンドSuperorganismとの楽曲も
  • 「遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫び」

最新ニュースを受け取る

星野源、PUNPEEやSuperorganismとコラボ 新作EP「Same Thing」世界配信

星野源さん

星野源さんが、アルバム『POP VIRUS』に続く新作EP『Same Thing』を10月14日(月)にリリースする。

タイトル曲「Same Thing」は、ロンドンを拠点に活躍する8人組多国籍バンド・Superorganism(スーパーオーガニズム)と共に制作。ラッパーのPUNPEEさんが参加した「さらしもの」では、星野さん自身初のラップも収録されている。

ダウンロード販売とApple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスでリリースされる今作は4曲入り。タイトル曲「Same Thing」はリリースに先駆けApple Musicで先行ストリーミングがスタートしている。

星野源さんコメント
『Same Thing』というEPは僕にとって、遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫びです。恐ろしいほどのワクワク感と共に「音楽人生、まだこんなに面白いことがあるのか」と楽しい刺激を常に感じながら制作した最高の4曲です。お楽しみに。

Superorganismとのコラボはライブがきっかけ

『Same Thing』

『Same Thing』

Superorganismは日本人ボーカル・Oronoさんがフロントマンをつとめ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、韓国と異なるバックグラウンドを持つ多国籍メンバーによる8人組ポップバンド。

様々な音の要素を巧みに1つの楽曲に落とし込んだ楽曲と自由なライブパフォーマンスで世界的に人気を博しており、日本では2018年に「FUJI ROCK FESTIVAL」、2019年には「SUMMER SONIC」などの大型フェスにも出演している。
Superorganism - Something For Your M.I.N.D. (Official Video)
『パクチーの唄』(Superorganism Rework)
宇多田ヒカルさんが2018年にリリースしたアルバム『初恋』に収録された「パクチーの唄」をカバーしたことでも話題になった彼らは、星野さんのライブを観に訪れたことをきっかけに友人関係を深めたという。

楽曲「Same Thing」では、実際にメンバーたちとスタジオに入り制作がスタート。星野さんが作詞・作曲をし、Superorganismが編曲を担当。全編英語詞、双方の魅力が詰まった楽曲となっている。

驚きのアーティストとのコラボ曲も収録

一方、PUNPEEさんとの楽曲「さらしもの」でも、2人はスタジオで長い時間をかけてリリック制作、楽曲アレンジメントを突き詰めた。さらに星野さん初のラップも気になるところだ。

EP『Same Thing』に収録されているのは、「Same Thing」と「さらしもの」以外に、驚きのアーティスト(詳細は後日)とのコラボレーション楽曲「Ain’t Nobody Know」、ギターと声のみで構成されたシリアスで温かい楽曲「私」の2曲を加えた全4曲。

ストリーミング配信の解禁やInstagramの開設。国や言葉の壁をこえ、より自由なスタイルで自身の音楽を追求する星野源さん。11月から始まるワールドツアーを含め、その活動には今後も目が離せなくなりそうだ。

世界へと近くポップスター

こんな記事も読まれています

商品情報

星野源『Same Thing』

発売日 2019年10月14日(水)※ダウンロード/ストリーミング
収録内容 1. Same Thing (feat. Superorganism)
2. さらしもの (feat. PUNPEE)
3. Ain't Nobody Know
4. 私
 ※Apple Musicで10月4日から「Same Thing」の先行ストリーミング開始

関連キーフレーズ

「星野源」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 23

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ