39

最新ニュースを受け取る

Netflix人種差別描く『ボクらを見る目』 史上最高の視聴回数を達成

『ボクらを見る目』/画像はNetflix配信ページより

Netflixのオリジナルドラマ『ボクらを見る目』(When They See Us)が、アメリカ国内における1日あたりの視聴回数を更新。史上最高記録を達成した。

米NetflixのTwitterアカウントが伝えている。具体的な回数は明らかではないが、基本的に視聴動向を開示しないNetflixとしては異例の対応と言えそうだ。

『ボクらを見る目』は5月31日の配信開始から大きな反響を獲得しており、その影響はNew York Timesが劇中で題材にされた実際の事件の詳細を改めて報じるほどだった(外部リンク)。

実際の事件を題材にした『ボクらを見る目』

『ボクらを見る目』は全4話からなるミニシリーズで、すでに最終話までが公開中。1989年にニューヨークで起こった「セントラルパーク・ジョガー事件」(またはセントラルパーク・ファイブ)を基にしている。

この事件ではジョギング中の白人女性を暴行したとして、ハーレム出身の黒人とヒスパニックの少年5人が容疑者として逮捕された。当初、無実を主張していた5人は、警察からの圧迫尋問で罪を認めてしまい、実刑判決を受けた。
冤罪で逮捕・服役していた5人は、2002年に別件で逮捕された男性が1989年の事件を自白したことで、無実が明らかに。ニューヨーク市を相手に裁判を起こして賠償金を獲得。2012年には『The Central Park Five』のタイトルでドキュメンタリー映画化されている。

Netflixの『ボクらを見る目』は、不当に逮捕された5人の少年たちを中心に描かれるが、物語は思わず目を背けたくなるほどの差別・偏見に満ちている。配信直後から、Twitterでは当時の担当検事を糾弾する声が上がり、追放を呼びかけるハッシュタグまで生まれている。

30年前の事件ではあるものの、人種差別における問題がまだまだ残る現代において、決して過去の出来事として切り離せるものではなく、こうした背景や反響の大きさが、Netflixでの視聴回数記録の更新につながったのは間違いないだろう。

ポップカルチャーにも浮き出る人種問題

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ボクらを見る目」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ