KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

7

『ブレイキング・バッド』続編映画の視聴者数、7日で2500万人超え

『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』/画像はNetflix公式Twitterから

POPなポイントを3行で

  • ブレイキング・バッド続編映画、7日間で2500万人以上が視聴
  • タイトルは『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』
  • 10月11日からNetflixで配信中
Netflixが『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』の7日間での視聴者数が2500万人を超えたと公式Twitterで伝えている。

同作はアメリカを中心に大ヒットしたドラマ『ブレイキング・バッド』の続編映画。

前作にも登場したジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)を主人公にその後を描いた作品となっており、10月11日からNetflixで配信されている。

普通の高校教師が社会の闇に取り込まれていく

前作『ブレイキング・バッド』は、2008年から2013年までアメリカのケーブルチャンネル・AMCで放送されたドラッグ・クライムドラマ。

妊娠中の妻と脳性麻痺を患う息子と3人で暮らす高校の科学教師のウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)が主人公。
『ブレイキング・バッド』SEASON 1~3 予告編
ウォルターはある日肺がんと診断され、余命わずかであることが発覚。残される家族に少しでもお金を残すため、彼は化学の知識を応用し、超高品質の覚醒剤「ブルーメス」の流通・製造に乗り出す。

そんなウォルターの相棒として登場するのがジェシー・ピンクマン。ウォルターの元教え子であり売人でもあるジェシーとウォルターは、次第に社会の暗部へ身を落としていくことになる。

Netflixは記録的な視聴回数であれば明かす?

『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』予告編
配信から7日間で2573万4392人という驚異的な人数が視聴したという『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』。

Netflixは基本的に視聴関連の情報を開示しないが、それが記録的な数字となった場合には公式Twitterなどで発表してきた。 例えば実際の事件をもとに人種差別を描いた『ボクらを見る目』のアメリカ国内における1日の視聴回数が史上最多を更新したことや、『ストレンジャー・シングス』シーズン3が配信開始から4日間で歴代最高の視聴回数を記録したことを明かしている。

肝の冷える怖い話題

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ