35

POPなポイントを3行で

  • 米津玄師『Lemon』が300万セールスを記録
  • サザン・SMAPに次ぐ3作品目のトリプルミリオン
  • 平成生まれのアーティストとしては「史上初」の偉業

最新ニュースを受け取る

米津玄師『Lemon』300万のトリプルミリオン 平成生まれとして史上初
歌手・米津玄師さんのシングル『Lemon』が、2019年4月にトリプルミリオンセールスを達成

2019年4月8日時点でシングル53万セールスとデジタルダウンロード249万DLとあわせて合計302万を記録した(ビルボードジャパン調べ)。

2008年からビルボードジャパンによる総合チャート「JAPAN HOT 100」が開始されて以来、サザンオールスターズ『TSUNAMI』、SMAP『世界に一つだけの花』に次ぐ3作品目のトリプルミリオンセールスとなる。

さらに平成生まれのアーティストとしては史上初のトリプルミリオンセールスとなった。

平成の音楽史に名を刻む「Lemon」

Lemon_H1-2-2

米津玄師「Lemon」

『Lemon』は石原さとみさん主演、野木亜紀子さん脚本のTBSドラマ『アンナチュラル』の主題歌。カラオケでの人気曲となり、「NHK紅白歌合戦」でも披露されるなど、お茶の間に浸透するほど多くの人に親しまれてきた。

2018年2月に配信開始されてから、2019年1月には日本レコード協会「史上最速」、オリコンデジタル「史上初」の200万DL認定を受けた。

さらに2019年1月にはCDシングル50万出荷を超え、ダブル・プラチナにも認定された。 各種配信サービスでデイリー・ウィークリーランキングで最高21冠も達成。

また、今回の記録はCDセールスのみならず、デジタルダウンロード数を合わせてのトリプルミリオン達成という、現代ならではの新たな形としての記録の樹立と言っても過言ではない。
米津玄師 MV「Lemon」
米津さんの快進撃はこれだけにとどまらず、公式YouTubeで公開している『Lemon』MVは3.5億回再生を記録し、登録者数は350万人超と日々記録を更新している。

この3月には初の海外公演を上海・台北にて行い成功を収めた。ボーカロイドプロデューサーとしてキャリアの一歩を踏み出し、いまや名実ともに日本を代表するアーティストとなっている。

日本の音楽シーンを見逃すな

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「米津玄師」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ