22

連載 | #4 「AnimeJapan 2019」取材に行ってきた!

「AnimeJapan 2019」ハプニング満載『なんでここに先生が!?』ブース

「AnimeJapan 2019」ハプニング満載『なんでここに先生が!?』ブース

「AnimeJapan 2019」の『なんでここに先生が!?』ブース

POPなポイントを3行で

  • 「AnimeJapan 2019」の『なんでここに先生が!?』ブース
  • 先生たちのパネルが一挙集結
  • ギリギリなハプニング満載な作品の世界観を再現
東京ビッグサイトにて3月23日から26日(火)まで開催中のイベント「AnimeJapan 2019」にて、4月7日(日)から放送されるTVアニメ『なんでここに先生が!?』のブースに取材に行ってきました。

※3月26日追記:記事初出時、作品の世界観に即して、ブースの体験レポートという形式にしておりました。『なんでここに先生が!?』という漫画作品自体が、お色気漫画の古典的手法の一つである、双方の“意図しない“ハプニングエッチを突き詰めた内容であるためです。ただし、それをリアルの場で再現することについて不快に思われる方々の声を重く受け止めると同時に、記事内では記者が“故意に“ハプニングエッチを再現したことで作品の世界観を歪めかねない不適切な内容だったことを踏まえ、作品とブース紹介という形に訂正すべきだと考えました。ここにお詫びして訂正いたします。

『なんでここに先生が!?』の先生たちがブースに

児嶋加奈

松風真由

ブースには作品に登場するキャラクターのパネルが。

葉桜ひかり

立花千鶴

とにかくありえないギリギリなハプニング満載な作品の世界観を再現するためか、胸の部分が立体的に表現されていました。

“あまあま”で“たゆたゆ” 『なんでここに先生が!?』

2019年4月放送スタート!TVアニメ「なんでここに先生が!?」
講談社のコミック誌『ヤングマガジン』にて連載している、蘇募ロウさんによる『なんでここに先生が!?』は、シリーズ累計120万部突破する人気漫画。

本作は場所を問わず巻き起こる、先生と男子高生によるギリギリ感満載のハプニングが描かれる学園ラブコメ。

総監督は『聖痕のクェイサー』『魔乳秘剣帖』などを手がける金子ひらくさん、キャラクターデザインは『境界のRINNE』シリーズのたむらかずひこさんが担当。

主題歌はメインヒロインの児嶋加奈役をつとめる声優の上坂すみれさんが歌う主題歌「ボン♡キュッ♡ボンは彼のモノ♡」。歌手の清竜人さんが作詞・作曲を手がけています。
上坂すみれ「ボン♡キュッ♡ボンは彼のモノ♡」Music Video

「AnimeJapan 2019」特集

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

17
Share
3
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

ツイッターで見ましたけど、一部のフェミが騒いでるだけでした
しかも、本人たちは腐女子できもい抱き枕抱いてましたし

女がやるなら無罪って考えこそ犯罪の助長だと思いますし、
フェミ腐豚なんていうくずの性犯罪者のいうこと聞かなくてもいいと思いますよ

不快というなら腐女子の存在は国連からじきじきにどうにかしろといわれてるのに
それにはとりくまない

ああいうくずの意見に賛同してると、いい加減にやばいですよ

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

似非フェミが言ってるだけなんで、撤回を撤回して下さい。でないと彼らの嫌がらせ炎上が無くなりません。不快と言いますが、それは只の感想であり、また更に彼らは炎上させる為に、その不快な情報を態々探しに行って、そう言うのです。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ