72

最新ニュースを受け取る

『ブレードランナー ブラックアウト 2022』

SF映画『ブレードランナー 2049』のアナザーエピソードとして、アニメーション監督・渡辺信一郎さんが手がけた短編作品『ブレードランナー ブラックアウト 2022』が、20時49分に公開された。

同時に、作品の近未来的な世界観を表現したコンセプトアートも解禁されている。

空白の30年間で発生した大停電

ブレードランナー ブラックアウト 2022

『ブレードランナー ブラックアウト 2022』コンセプトアート

世界に先駆けて、日本で先行公開された短編アニメでは、『ブレードランナー』(1982年)から最新作に至る空白の30年間を描く。

前作で主人公のデッカードが姿を消してから3年後の2022年。

10月27日(金)公開の『ブレードランナー 2049』へと続く物語の中で、重要な鍵を握る大停電(ブラックアウト)のエピソードが語られている。

荒牧伸志監督が劇中のスピナーをデザイン

カウボーイビバップ』をはじめ、『アニマトリックス』『サムライチャンプルー』などで知られる渡辺監督。
渡辺信一郎監督 ブラックアウト 2022 予告
『ブレードランナー ブラックアウト 2022』制作にあたっては、前作に最大限のリスペクトを払ったという。

例えば、パン・アメリカン航空のロゴマークや、「強力わかもと」を彷彿とさせる和服姿の女性が映した電子公告など、往年のファンならくすりとなるディティールが多く盛り込まれている。

なお同作のキャラクターデザイン/作画監督は『新機動戦記ガンダムW』で知られる村瀬修功さん、登場するスピナー(飛行車)のデザインは、『APPLESEED』などを手がけた荒牧伸志監督が担当。

制作には、Cygamesが2016年に立ち上げたアニメーション制作会社・CygamesPicturesがクレジットされている。

日本のアニメ・漫画とハリウッドとの出会い

こんな記事も読まれています

作品情報

ブレードランナー ブラックアウト 2022

監督・脚本 渡辺信一郎
キャラクターデザイン・作画監督 村瀬修功
音楽 Flying Lotus
制作 株式会社 CygamesPictures
キャスト 松田健一郎(イギー)、青葉市子(トリクシー)、古川慎(レン)

関連キーフレーズ

「ブレードランナー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ