父娘のアイドル物語 『あの娘、早くババアになればいいのに』公開日決定

父娘のアイドル物語 『あの娘、早くババアになればいいのに』公開日決定
父娘のアイドル物語 『あの娘、早くババアになればいいのに』公開日決定

『あの娘、早くババアになればいいのに』本チラシ

2013年、インディーズ映画界の登竜門とも呼ばれている「第7回 田辺・弁慶映画祭」にてグランプリ賞と市民賞をW受賞

「アイドルオタクの父親とアイドルを目指す娘の交流」をコメディタッチに描いた、頃安祐良監督の話題の映画『あの娘、早くババアになればいいのに』が、6月7日(土)からテアトル新宿にて2週間限定で公開されることが決定した。
関連記事
ファンとアイドルの交流を描く──映画『あの娘、早くババアになればいいのに』

ドルオタで童貞(!?)な父親が、娘を理想のアイドルに育てる物語

映画「あの娘、早くババアになればいいのに」予告編
エキセントリックながら人を惹きつける『あの娘、早くババアになればいいのに』 というタイトル。その作品内容もまた、一筋縄では説明できない。

書店員を営む平田は童貞のアイドルオタクだが、17年前にひょんなことから預けられ育てている高校生の愛娘・アンナと暮らしている。

平田の夢は、そんなアンナを自分の理想のアイドルとして育てること。アンナもその気持ちに答えるよう、アイドルを目指し、親子二人三脚で努力するも、ひょんなことからその関係に歪みが生まれる……。

親子愛、アイドル愛とはなんだという問いについて、コメディな展開に笑わせられながら考えてしまう作品となっているようだ。

前回の記事でもお伝えしたように、様々なジャンルのクリエイターからの評価も高い。今回あらたに、お笑い芸人のカラテカ・矢部太郎さん、アイドル評論家の中森明夫さんがコメントを寄せている。

笑いました!
過去作「シュナイダー」からの振り幅に衝撃をうけました。
ある意味 監督自身がアイドルという存在に救われたのではないでしょうか。 カラテカ・矢部太郎(お笑い芸人)

この映画は「アイドル」というものが孕む希望も絶望も映し出してる―。 中森明夫(アイドル評論家)

【次のページ】上映開始前には、ロフトプラスワンでキックオフイベントも
1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ