24

連載 | #8 国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2014」

原画や資料、作品の素を大公開! AnimeJapan「A-1 Pictures」ブース

原画や資料、作品の素を大公開! AnimeJapan「A-1 Pictures」ブース

A-1 Pictures

3月22日(土)・23日(日)、東京ビッグサイトにて行われた日本最大級のアニメの祭典「AnimeJapan2014」。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などの人気作品を生み出してきたアニメーションスタジオ・A-1 Picturesのブースでは、「キラキラ光る、マテリアル。」をテーマに、作品を構成する原画や制作資料などの“マテリアル(素材)”にスポットをあてた展示を実施。

クリエーターズウォール

巨大な寄せ書きの壁「クリエーターズウォール」。A-1 Picturesで作品づくりに関わっているクリエーター・スタッフの方々からのイラストやメッセージがたくさん集まりました。

大きすぎて1枚に収めきれませんでした!

トリプルパネルアニメーション

「トリプルパネルアニメーション」では、大きなサイネージを3つ横に並べて映像を流しました。

A-1 Pictures制作の、『ソードアート・オンライン』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『銀の匙 Silver spoon』『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の5つの作品について、コンテから線画、彩色へと、キャラクターに命が吹き込まれていく様子を見ることができます。

GENGAアート

「GENGAアート」のコーナーでは、原画の後ろからライトを当てて、まるでアニメーターの作業机・ライトテーブルに置かれているかのように原画を見ることができました。

ブックタワー

貴重な制作資料の数々が集まった「ブックタワー」。実際に使用した絵コンテや原画が複製されたものがファイリングされ、手にとってじっくり見ることができます。お客さんも夢中でページをめくっていました。 また、テーブル部分ではアンケートも実施。iPadを使った簡単な質問に答えると、「めんまのせつでんステッカー」がプレゼントされていました。ちなみに、お隣アニプレックスブースで配布されていたステッカーとは色違いになっています。 文:たかはしさとみ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

13
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ