6

映画『溺れるナイフ』主題歌「コミック・ジェネレイション」(ドレスコーズ)ショートMV

11月5日(土)より全国ロードショーされる映画『溺れるナイフ』の主題歌「コミック・ジェネレイション」のショートMVが、10月14日(金)に公開された。

「コミック・ジェネレイション」ショートMVのキャプチャ

MVでは『溺れるナイフ』本編の映像が使用されており、小松菜奈さんと菅田将暉さんが演じる夏芽とコウの幸せなひとときが映し出される。

主題歌を手がけているのは、本作で映画初出演を果たす志磨遼平さんによるソロプロジェクト・ドレスコーズ。志磨遼平さんがかつて所属していたバンド・毛皮のマリーズの名曲を本作のために再録したものとなっている。

本楽曲に寄せた、小松菜奈さんからのコメントも届いている。

『愛も平和も欲しくないよ。
だって君にしか興味ないもん!』この歌詞はナツメとコウの関係に
凄くぴったりであの燃え尽きた夏(撮影)を思い出し、色んな感情が湧いて
心にグッときました。映画を観てこの曲を聴いた後も
皆さんの心に残る曲と歌詞になると思います。小松菜奈さんコメント

(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

こんな記事も読まれています

作品情報

溺れるナイフ

キャスト 小松菜奈 菅田将暉 
重岡大毅(ジャニーズWEST) 上白石萌音 志磨遼平(ドレスコーズ)
スタッフ 脚本:井土紀州 山戸結希 音楽:坂本秀一
製作:「溺れるナイフ」製作委員会(ギャガ/カルチュア・エンタテインメント)
助成:文化芸術振興費補助金 企画協力・制作プロダクション:松竹撮影所
制作プロダクション:アークエンタテインメント 企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:山戸結希
原作 ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(講談社「別フレKC」刊)
主題歌 「コミック・ジェネレイション」ドレスコーズ(キングレコード)

★ストーリー★ あの頃、君が世界の全てで、私たちは永遠だと信じていた―。
15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような‘閃光’と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将輝)だった。傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。失われた全能感、途切れてしまった絆。傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは―。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「毛皮のマリーズ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ