74

神泉の絶品煮干しラーメン「惠本将裕」レポ 「凪」で修行を積んだ店主

神泉の絶品煮干しラーメン「惠本将裕」レポ 「凪」で修行を積んだ店主

ラーメン屋「惠本将裕」煮干しラーメン(醤油)

溜まっていた原稿を終え、お腹が空いた深夜1時。お酒を飲んで、美味しいものを食べて一息つきたい。

神泉という、渋谷から微妙に離れたこの街は、渋谷ほど賑やかではなく落ち着いていて、お洒落な飲み屋さんが立ち並んでいる。

とはいえ、1人で飲み屋に行く気分でもなければ、牛丼屋で済ましたくもない。でも、ただただお酒を飲んで、美味しいものを食べたい……。

あぁ〜美味しいラーメンが食いてぇ……

そんな深夜の欲望を満たしてくれるラーメン屋が神泉にある。

謎のビル奥地にある煮干しラーメン屋の正体

ラーメン屋「惠本将裕」

神泉駅から徒歩5分ほど歩いた謎のビル奥地にある、元ラッパーだという店長の気分によっては11時30分から明け方5時まで営業している日もあるラーメン屋「惠本将裕」(えもとまさひろ)。

ビルの奥まで進んでも店舗は見えず、さらに奥へ進むことでようやく出会える「惠本将裕」は、店内からキングギドラ(現:KGDR)が流れてくる。薄暗いビルの細い廊下をひたすら進むとあるのだが、途中で戻って来る人も時折見かけるくらい、ややわかりにくい場所にある。

東京都渋谷区円山町にあるラーメン屋「惠本将裕」は、今年5月にオープン。わかりにくいながらも、渋谷からでも十分通える距離で、目の前にはサイバーエージェントがある好立地だ。

店長の惠本将裕さん

1号店の目黒時代から築いてきた自慢の煮干しラーメンを武器に、神泉へやってきた。メニューは煮干しラーメン(醤油・塩)やつけ麺をはじめ、伊勢海老煮干しラーメン、鶏皮ポン酢などのおつまみ料理も揃っている。 まずは、オーナーが最も手間暇かけて生み出したという煮干しラーメン(醤油)を紹介していこう。

想像以上の煮干しが体中を駆け巡る

店の名前である「惠本将裕」は、オーナーの名前。「自分の名前をラーメン店の名前にしているところはないし、自分をブランド化したいという意味でつけました」(惠本さん)

このお店の自慢は、なんといっても「煮干しラーメン」だ。醤油と塩の2種類があり、醤油は煮干しラーメン好きにはおすすめだという。

煮干しラーメン(醤油)

「福岡出身なんですけど、福岡はやっぱり豚骨ラーメンしかないし、豚骨ラーメンが一番だと思ってた。でも東京に来て初めて煮干しラーメンを食べた時、衝撃を受けたんです。いつかこの煮干しラーメンの素晴らしさを福岡にも持っていけたらと思っています」(恵本さん)

筆者が食べた煮干しラーメン(醤油)は、麺をひと口すすっただけでストレートに煮干しの風味が伝わってくる。煮干し以外の余計な要素を一切感じさせない洗練されたスープは、これまで食べてきたどんな煮干しラーメンよりも、想像以上の煮干しだ。 恵本さんは毎日のように煮干しの研究を重ねており、「使用する煮干しの種類を変えたりと、もしかしたら次来る時は味が変わっているかもしれないですね(笑)」(恵本さん)と語る。

ちなみに塩は醤油よりも少しさっぱりしているので、煮干しが苦手な方は塩の方が良いかもしれない。

食べやすいマイルドな煮干しつけ麺

続いて、7月より始まったばかりの「つけ麺」。

つけ麺

こちらもスープのベースは煮干しだが、「煮干しラーメン」に比べてかなりマイルドに。ど直球な煮干しはちょっと重い……という方にはかなりおすすめできる。スープ割りがなくても、一気に飲み干せる程だった。 この斬新な煮干しスープは、どのように生まれたのだろうか。

「煮干しラーメンに衝撃を受けてから、中華料理店で働きはじめたんですよね。そこで料理の経験を積んで、今度はラーメン屋で修行して、自分のラーメンをつくりました」

恵本さんは、ラーメン好きの間では、あの新宿ゴールデン街にある煮干しラーメンの名店「ラーメン凪」で修行を重ねていたことでも知られている。

お母さんの味を思い出すぬか床だき定食

最後におすすめしたいのは、ランチタイム限定となる「がんこ母ちゃんぬか床だき定食」。

がんこ母ちゃんぬか床だき定食(いわし)

いわしさばサンマの3種類から選べるようになっており、今回は恵本さんおすすめのいわしを選択。白米、いわし、煮干しスープ、そして小鉢(鳥皮ポン酢など)がついて800円。魚を食べる機会の少ない独り身にとって、福岡県・小倉が誇るぬか床の煮魚が食べられるのは、非常にありがたい。

毎日自家製でつくっているぬか床の煮魚は、骨まで食べられるほどとても柔らかくて食べやすい。白飯との相性もばっちりで、時折鳥皮ポン酢を挟んでさっぱりさせると、もう最高だ。

特に煮魚を食べていると、「がんこ母ちゃん」と名付けられている通り、どこか懐かしい実家の味を思い出すような、切ない気持ちで溢れてくる(実際につくってもらったことはない)……。

自信があればカラオケやフリースタイルもOK

国内でも有数の人気を誇る煮干しラーメン「ラーメン凪」で修行後、最初にオープンしたのは、現在も営業中の中目黒。夜はお好み焼き「まっか」の営業がはじまるため、11:30〜15:00までのランチタイム限定となる。今回オープンした神泉店は、もともとバーとして営業されていたため、店内にはその名残から、マイクカラオケセットが常備。

惠本さんと右はKAI-YOUデザイナーのBPM

夜であれば、カラオケやフリースタイルなど、自信があれば他のお客さんがいてもマイクで歌ってもいいようだ。

恵本さんがヒップホップやサーフィンが好きなこともあり、店内はヒップホップ系の音楽やモニターにはサーフィンの映像がよく流れている。

また、どことなく海らしさを感じる木目調の壁や机などは、サーフィン好きの恵本さん自らがつくったとのこと。

まだまだオープンしたばかりの「惠本将裕」。今後は、落ち着き次第、「まぜそば」を提供予定だという。

こんな記事も読まれています

店舗情報

ラーメン惠本将裕 神泉店

住所
東京都渋谷区円山町28-8 宮廷マンション1E
時間
11:30-15:00/18:00-23:00

関連キーフレーズ

58
Share
6
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ