妄走族、フリーDL第2弾! 「核MIX」開催、ついに般若も参戦【追記】

妄走族、フリーDL第2弾! 「核MIX」開催、ついに般若も参戦【追記】
妄走族、フリーDL第2弾! 「核MIX」開催、ついに般若も参戦【追記】
2013年12月30日、突如、第1弾フリーDL曲「塗りつぶせ」で活動を再開した、HIP HOPシーンの伝説のグループ・妄走族が、1月30日(木)0時より、第2弾フリーDL曲「走-RUN-」を、Facebook公式アカウントにて配信することがわかった。それに伴い、同日をもって前述の「塗りつぶせ」の配信は終了する。

さらに2月15日(土)には、麻布十番VILLAGEにて、妄走族主催の伝説イベント「核MIX」が復活することが決定。10年ぶりに妄走族が生ライブを披露する。こちらには「塗りつぶせ」に参加した妄走族のメンバーに加え、ついにかつてのメンバーであるラッパーの般若さんも参戦することが明かされている。

生ける伝説のグループ

妄走族は、2004年にリリースした4thアルバム『進行作戦』をもって、人気絶頂の最中の活動休止

しかし2013年後半になってから、メンバーがTwitter上で、再始動を示唆するような内容をツイート、12月には正式に再始動することが明かされた。その際の予告通り、12月30日に新音源となる「塗りつぶせ」がフリーダウンロードで公開。シーンの生ける伝説として、長らく再始動を待ちわびていたファンや関係者も多く、妄走族が復活を果たしたというニュースは、瞬く間にシーンに激震が走ることとなった。

また、再始動と同時に明かされていた、かつて妄走族が主催し毎月800人以上の動員数を誇った伝説のレギュラーイベント「核MIX」の定期開催。今回、再始動後初の開催が2月15日に行われ、今後も2014年の1年間限定で定期開催していくようだ。

今回の「核MIX」では、実に10年ぶりに妄走族が生ライブを披露するとのことだが、気になる参加メンバーを見てみると、フリーDL曲「塗りつぶせ」にはいなかった、当時のメンバーであり現在は昭和レコードを設立している般若さんの名前が記載されている。第2弾フリーDL曲「走-RUN-」の参加メンバーも気になるところだが、徐々に今後の活動を通して、かつてのメンバーが増えていくのだろうか。いずれにせよ、2014年の妄走族の展開には目が離せそうにない。
関連記事
ヒップホップの生ける伝説・妄走族、10年ぶりの再始動!

01.30

予告通り、1月30日0時から、第2弾フリーDL曲「走-RUN-」を配信開始!

【WAV良質音源はこちら】
http://xfs.jp/Nv5SE

http://xfs.jp/j4Wcj

http://xfs.jp/XCwIZ

http://xfs.jp/ITV3M

http://xfs.jp/qmpvZ

http://xfs.jp/rdugF

http://xfs.jp/xY2xZ

http://xfs.jp/t5G3G

http://xfs.jp/zYncx

http://xfs.jp/7u3Ef


【MP3音源はこちら】
http://xfs.jp/V1bNg

http://xfs.jp/5WjV5

http://xfs.jp/U75Hv

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ