0

経済産業省、将来の天然ガス資源として期待されているメタンハイドレートの海洋産出試験に世界で初めて成功

経済産業省、将来の天然ガス資源として期待されているメタンハイドレートの海洋産出試験に世界で初めて成功

メタンハイドレート海洋産出試験の様子(JOGMEC 提供)。

経済産業省は12日、渥美半島から志摩半島の沖合(第二渥美海丘)において、メタンハイドレートを分解し天然ガスを取り出す、世界初の海洋産出試験を開始し、ガスの生産を確認したと発表した。

メタンと水が低温・高圧の状態で結晶化した物質であるメタンハイドレートは、日本周辺海域において相当の量が存在していることが見込まれており、将来の天然ガス資源として期待されている。資源エネルギー庁は、メタンハイドレートの商業化に必要な技術整備の一環として、2013年1月下旬からメタンハイドレートを分解し天然ガスを取り出す試験の準備を始めていた。


経済産業省からのお知らせ
http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130312002/20130312002.html

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

0
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ