67

「うた☆プリ」ブロッコリーが2次創作に警告 「歌ってみた」有料ライブで物議か

「うた☆プリ」ブロッコリーが2次創作に警告 「歌ってみた」有料ライブで物議か

『ライブ うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE LIVE 4th STAGE』Blu-rayパッケージ

ゲームやアニメなどで女性から絶大な支持を集める「うたの☆プリンスさまっ♪」(通称:「うた☆プリ」)及びその版権元であるブロッコリーが、音楽著作物に関する著作権侵害について、Twitterで警告を行った。

それに合わせて、ブロッコリーのコンテンツの2次創作物に関するガイドラインを改めて告知している。

当社コンテンツに関連した二次創作物に関しましては、非営利目的かつ私的な配布に限り認めております。インターネット等を利用して、グッズ、フィギュア、コスプレ等を対価を得て販売する行為は一切認めておりませんのでご注意ください。

また、直接的にコンテンツの素材(イラスト、動画、音声、楽曲等)を引用、あるいはスキャン・トレース等を行い使用することは禁止とさせていただきます。さらに内容に関しましても、コンテンツのイメージを逸脱する、キャラクターのイメージを損なう内容のものはご遠慮ください。ブロッコリーコンテンツを題材にした二次創作物に関して(公式Webサイトより抜粋)

「うた☆プリ」声マネによる「歌ってみた」ライブが発端か

【歌ってみた】マリアージュ【Pri☆mage】

事の発端は、「うた☆プリ」のキャラクターの声マネによる「歌ってみた」動画やオリジナル楽曲を投稿している集団・Pri☆mageが2015年12月28日に開催したライブイベント「SPECIAL STYLE BLOCKS!! -Pri☆mage onstage-」と考えられる。

Pri☆mageは、公式にも引けをとらないその歌声やPVの完成度から人気を集めており、これまでにも有料でライブを開催してきた。

しかし、今回のライブ前に「うた☆プリ」関連の楽曲を歌うことが明示されており、かつTwitter上で広く拡散してしまったことから、「うた☆プリ」ファン、Pri☆mageファンを巻き込んで議論に発展。

「うた☆プリ」への愛あればこそだという擁護派の意見もあったが、彼らに対する怒りをあらわにしたユーザーが、ブロッコリーへ通報を行うといった事態にまで発展。ライブ自体は開催されたものの、年が明けて、改めてブロッコリーからの警告がなされるまでに至った。

2次創作物に関する厳しい取り締まりを行っているブロッコリー

ブロッコリーは、「うた☆プリ」の2次創作物を販売しているユーザーに対してTwitterを通じてリプライで直接警告を送るなど、以前より2次創作物に関する厳しい取り締まりを行っていることで知られている。

公式Webサイトにて掲載されている2次創作物に関するガイドラインによると、「当社コンテンツに関連した二次創作物に関しましては、非営利目的かつ私的な配布に限り認めております。」という規定が設けられており、今回物議を醸したライブイベントもこの規定に抵触するものと考えられる。

「うた☆プリ」に限らず、著作権的にグレーゾーンともいえる同人シーンにおいて、2次創作物の扱いは常に議論され、また著作権者によって対応も様々だ。2次創作物に関する各企業や原作者の見解を受け入れ、それぞれの意思を尊重する必要があるだろう。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

41
Share
4
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ