290

最新ニュースを受け取る

月刊化した「水中ニーソ」撮影現場に密着! 水中メイクのコツも

「水中ニーソ」しまりすさんを撮影する古賀学さん

浮遊でも、無重力でもない、水中だからこその表現がある……ビジュアルアーティスト/デザイナー/映像クリエイターである古賀学さんのプロジェクトとして人気を博す「水中ニーソ」。競泳水着×ニーハイソックスの女性モデルを水中で撮影した写真たちは、これまでにも3冊の写真集にまとめられた他、現在は月刊のミニ写真集としてリリースされています。

女性向けアパレルブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」や、競泳水着コスチュームブランド「REALISE」とのコラボレーションなどでも展開を続ける水中ニーソプロジェクト。KAI-YOU.net編集部は今回、最新作の撮影現場を独占レポート!

撮影風景をはじめ、古賀学さんやモデルを務める女性たちへのインタビュー、メイク担当さんに聞いた水中ならではのメイクのポイントなどをまとめてお届けします。

文:松本塩梅 写真:松本塩梅、にいみなお(水中写真は水中ニーソ制作スタッフ)

モデル優先の撮影現場は和やかな雰囲気

2015年12月23日、朝食と打ち合わせを済ませた一行は、神奈川県某所にあるプール併設のダイビングショップへ。水中ニーソの撮影は古賀さん、モデルだけではなく、ライティングやオフショット撮影を兼ねる安全確保のためのスタッフ、メイク担当者、現場サポートスタッフと常時7〜8人ほどのチームで稼働しています。
「水中ニーソ」撮影現場

9.5m×4.5mのプール、手前は水深1.2mで、奥は4.5mもある

撮影を通じて感じたのはモデルへの徹底した配慮。古賀さんはモデルに「無理だけはしないように!」と伝えており、撮影中の安全の確保、合間に食べるお菓子やスープの用意、プールの室温が下がらないように控室とのドアのすばやい開け閉めを徹底するなど、撮影に臨むモデルのことを第一に考えています。チームの連帯感と安心感が作品づくりにおける土台となっているようです。
「水中ニーソ」撮影現場2

左からえみりさん、まさじさん、古賀学さん、真縞しまりすさん

今回は真縞しまりすさん、まさじさん、えみりさんのモデル3名を11時から17時の撤収まで順次撮影。モデルの体調と特性によって1回の撮影は30〜60分に区切られますが、古賀さんはほぼ水中にいて撮影を続けています。 「水中ニーソ」撮影現場3 撮影機材はCanon EOS 7Dに水中撮影用にカスタムしたハウジングを装着。モデル撮影に特化した歪みを抑えるカスタムを施しています。
「水中ニーソ」撮影現場4

スケジュールは時間いっぱい!

プールの室温は汗ばむほどに保たれており、この日の水温は30度ほど。そう聞けば温かく思えますが、数十分に及ぶ撮影直後のモデルさんはみんな陸に上がると体の芯からの冷えで震えてしまっていました。真縞しまりすさんは「水中ニーソをやった人にしかわからない寒さがある」と言います。

水中ニーソの“秘蔵っ子”、えみりさんの撮影スタート!

「水中ニーソ」えみりさん この日の撮影はえみりさんから。ピンク×ホワイトの競泳水着「REALISE N-060」に、同じくピンク×ホワイトのボーダーニーハイの組み合わせです。初のピンク水着に「恥ずかしい……」と口にするえみりさんでしたが、現場では「似合ってる!」と絶賛の声。

撮影中には時折カメラの液晶モニタをのぞきこみ、古賀さんとえみりさんはイメージを共有。撮影後にどのような話をしたか聞くと「ピンクカラーの水着は正面だとのっぺりして見えるから気をつけつつ、かわいい脇のラインが見えるようにとか、身体を反ると足が長く見えるとわかったのでそれを狙うようにとか」と細かな発見を積み重ねていたようです。 「水中ニーソ」えみりさん2 水深4.5mのプールでは古賀さんがえみりさんの周りを泳ぎながら撮ることもありますが、その間、えみりさんは素潜りでポージングを続けます。1テイク30秒ほどの潜水を続ける撮影は、想像するだけでもハードさが伝わってきます。 「水中ニーソ」えみりさん3 空気タンクを背負っての撮影が始まると、スタッフは全員潜りっぱなしの状態に。ポーズを替えつつ撮影を続ける様子は、陸上でのグラビア写真と変わらないように思えますが、水中ニーソならではのテクニックや苦労があるようです。 「水中ニーソ」えみりさん4 えみりさん曰く「息をたくさん吸うと浮いてしまいますから、どれくらい吐くかが大事なんです。体が沈みつつ息も保つようにするには体感で覚えるしかありません。なによりプールの『中層』に居続けるのが難しくて。タンクを背負うと、今度はポーズを取る時に重心が後ろに引っ張られちゃって大変なんです」。

水面ギリギリに浮いたり、水底に沈むよりも、写真映えのする“中層”で体をキープしてのポージングが最も難しいのだそう。ここが水中ニーソモデルの腕の見せ所というわけです。 「水中ニーソ」えみりさん5 えみりさんはTwitterで自ら古賀さんに志願して水中ニーソモデルに。3歳から18歳まで水泳を続け、水泳とライフセービングのためにオーストラリア留学も経験し、日本での50m平泳ぎ全国4位に加え留学時代には50m平泳ぎオーストラリア2位の実績を持っています。

それでも中層のキープやポージングの難しさなどを感じることが多いそう。ただ、現場からは「水中ニーソの秘蔵っ子」との呼び声もあり、今後多くの作品で目にする機会が増えることでしょう。

「今日はかわいいまさじさんを撮る!」がテーマ

「水中ニーソ」まさじさん 続いて水中に潜ったのはまさじさん。可動式『メタルギアソリッド』雷電コスプレなどでも有名で、KAI-YOU.netでも以前にインタビューをさせていただきました。

関連記事

『メタルギア』雷電の可動式コスプレが大反響! コスプレイヤー&衣装職人にインタビュー

実はもともと泳ぎが得意ではなかったそうですが、ダイビング講習などを経て水中ニーソモデルができるようになったという努力の人でもあります。

この日は、Speedoの白い競泳水着にピンクのフルウィッグという出で立ち。「今日はかわいいまさじさんを撮る!」が古賀さんのテーマで、ポージングの指示も「『きゃるん!』な感じで」。 「水中ニーソ」まさじさん2 普段はクール系のコスプレも多いまさじさんですが、この日は指示通りに可愛さを強調したポーズや表情で魅せてくれました。

まさじさんは「やっぱりウィッグは難しいですね。特にウェーブやロールがかかっているものは毛束感が出ちゃう。水中ならではのファサッー!って髪の動きを出すためには新品でストレートなものがいいのかな……」と思案顔。古賀さんとモデルが一緒にトライをしながら作品制作を続けている様子を垣間見ました。 「水中ニーソ」まさじさん3 普通の撮影と水中撮影との違いを聞いてみると「水中は地上よりもタスクが多いんです。ポージングや表情だけでなくて、息のこと、バランスを取ること……地上で良く撮られるための技術と、水中だからこその技術と、どっちも必要」とのこと。

では、水中の技術とは?「たとえば、深く潜るためには耳抜き(気圧や水圧の変化で鼓膜の内外に生じた圧力差を解消する方法)ができないと痛くてツライですから。4mの水深でもハシゴを一段下がるだけでとても痛いんです……今日は耳抜きがあまりうまくできなかったので、一段ずつ確かめながら……」と、水中ならではの苦労を教えてくれました。 「水中ニーソ」まさじさん4 そんなまさじさんが「彼女はスゴイ」と慕い、制作スタッフからも「彼女は別格」と評されるのが、次に登場する真縞しまりすさんでした。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「水中ニーソ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 151

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ