104

連載 | #124 ポップな動画を紹介してみた

宮崎駿の作品群が3DCGアニメに! 海外作家によるファンアートが圧巻

宮崎駿の作品群が3DCGアニメに! 海外作家によるファンアートが圧巻

※画像はすべて「Tribute to Hayao Miyazaki」スクリーンショット

日本が世界に誇るアニメーション作品を送り出しつづけてきたスタジオジブリ宮崎駿監督の作品群をモチーフに、3DCGを使って創作されたトリビュート作品が話題を呼んでいる。

Tribute to Hayao Miyazaki」と題され、動画共有サイト「Vimeo」で公開されたこのアニメを制作したのは、海外のアニメ作家・donoさん。

約3分30秒の短い作品ながら、『千と千尋の神隠し』、『となりのトトロ』、『もののけ姫』といった宮崎監督の代表作のキャラクターが、宮崎作品の多くの音楽を担当してきた久石譲さんの音に乗せて登場する。

ジブリ作品以外のキャラクターも登場!

動画冒頭では、長いトンネルのシーンからはじまり、そこを抜けると『千と千尋の神隠し』の舞台となる「お湯屋」が姿をあらわす。

場面は次々に展開していき、前述以外にも『天空の城ラピュタ』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』など、これまでの名作からキャラクターが登場。 ジブリ作品以外にも、宮崎さんが初監督をつとめた劇場アニメ『ルパン三世 カリオストロの城』からルパンと五右衛門が。宮崎さんが監督・演出として関わったTVアニメ『名探偵ホームズ』の主人公・ホームズが『魔女の宅急便』の主人公・キキと一緒に登場するなど、それぞれの世界が混ざり合っている。 ほかにも、『紅の豚』のポルコが、『千と千尋の神隠し』で千の両親が豚に変えられた飲食店でワインを飲んでいるなど、ユーモアもたっぷり。

3DCGをうまく融合した、臨場感たっぷりの作品に仕上がっている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

93
Share
9
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ