15

松澤アナと振り返る 「アニメパス」2014年夏〜冬のTOP10は?

松澤アナと振り返る 「アニメパス」2014年夏〜冬のTOP10は?

「アニメパス」のブースでの松澤千晶アナウンサー

3月28日・29日に幕張メッセで開催された同人誌即売会「コミケットスペシャル6」。28日には、KDDIによる動画配信サービス「アニメパス」のブースで、松澤千晶アナウンサーのスペシャルトークショーが行われた。 当日は、大アニメ好きで知られる松澤アナとともに、アニメパスの視聴ランキング・ベスト10を振り返った。

冒頭、進行を担当した、アニメ・漫画などのカルチャーとテクノロジーを融合させるCULTURE.incの鈴木プロデューサーから話を振られると、「(アニメは)好きというか、衣食住の一部になりつつあるかな……」と、コメントした松澤さん。1月クールの作品の中では、『SHIROBAKO』や『ユリ熊嵐』が特にお気に入りだという。

松澤アナのアニメへの愛が炸裂

今回のランキングは、アニメパスのサービスが開始した2014年8月から2015年3月までの累計。最近の作品はもちろん、懐かしの名作まで、バラエティに富んだラインナップとなった。

アニメパス視聴ランキングベスト10

1位:弱虫ペダル
2位:スラムダンク
3位:鋼の錬金術師
4位:とある魔術の禁書目録
5位:涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版)
6位:グラップラー刃牙
7位:とある科学の超電磁砲
8位:日常
9位:デュラララ!!
10位:氷菓

ランキング発表でのトークも、松澤さんのアニメへの情熱が随所に感じられる内容に。

涼宮ハルヒの憂鬱』の印象的なエピソードとして上がった「エンドレスエイト」では、ほぼ同じストーリーが8週連続で放送されたことに対して、「同じように見えるけど、全部見ることで長門の心情が感じられる」とコメント。

また『鋼の錬金術師』のキャラクター、ロイ・マスタングが大好きという松澤さん。2009年から放送された『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』では声優が交代したものの、「それでも好き」と変わらぬ愛を語っていた。
【次のページ】「弱ペダ」鳴子役は50代のKDDI社員だった…!
1
2

こんな記事も読まれています

9
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ