連載 | #30 漫画百景 いま読むべき漫画たち

GWに登山する人は、漫画『山を渡る』を読むべし 解説も豊富な登山入門の決定版

GWに登山する人は、漫画『山を渡る』を読むべし 解説も豊富な登山入門の決定版
GWに登山する人は、漫画『山を渡る』を読むべし 解説も豊富な登山入門の決定版

『山を渡る -三多摩大岳部録-』2巻の表紙はAmazonから

山の歩き方、道具の修理方法、安全に山を楽しむための心構えまで教えてくれる、登山漫画の決定版を今回は紹介!

年間数百タイトルの漫画を読む筆者が、時事に沿った漫画を新作・旧作問わず取り上げる本連載「漫画百景」。

第三十景目は『山を渡る -三多摩大岳部録-』です。

5月は新緑が盛りを迎え、 適度に暖かく初心者でも山へ足が向きやすい時期。KAI-YOU編集部にもゴールデンウィークに某山を登る計画を立てているメンバー外部リンク)がいて、道具選びやリサーチで何やら楽しそう。

そんな準備の楽しさ、道具選びのポイント、低山でのハイキングからハードなクライミングに沢登りまで取り扱い、何より山への愛が詰まった本作を、いま読むべき漫画として紹介します。

空木哲生による登山漫画『山を渡る -三多摩大岳部録-』とは?

『山を渡る -三多摩大岳部録-』(以下『山を渡る』)は、自らも山に登る作者・空木哲生さんによる漫画です。

KADOKAWAの漫画誌『ハルタ』で、2018年3月から連載中。関東の某県にある大学の歴史ある山岳部を舞台にしています。

主な登場人物は6人。虚弱体質、文学少女、ゲーム狂いと個性豊かな登山経験皆無の新入生3人組。そして、登山経験が豊富でクライミングや沢登りもやるガチ勢の先輩3人組です。

『山を渡る -三多摩大岳部録-』2巻の表紙。左から入間、南部、加賀。新入生組の3人/画像はAmazonから

『山を渡る -三多摩大岳部録-』4巻の表紙。左から金田、黒木、草場。ガチ勢の先輩組/画像はAmazonから

学園部活モノの例によって、新入部員が入らなければ活動停止となる危機を迎えた山岳部に、何の因果か、特に運動をしてこなかった新入生3人が加入することに。

素人である新入生組を、ガチ勢の先輩組が導く構図になっており、初心者と経験者、2つの視点から山の魅力を描き出しています。

新入生組が体験入部として初めて登る高尾山や、天国と地獄を味わうことになる大山(神奈川県)。先輩組が1話で登頂に成功した八ヶ岳連峰の横岳など、実在する山々が登場し、どのような山なのかといった解説が随時差し挟まれる点も特徴です。

※以下から具体的な内容にも触れていきます。未読の方はご留意ください。

修理の方法まで言及 登山用品の解説が豊富!

登山に必要な道具の解説に力を入れているのも本作の特徴となります。

主に序盤で新入生組が道具を揃え、使い方を覚えていくパートに解説が集中しており、漫画で知る登山入門編のような読み味です。

例えば、新入生組が入部に当たって用意する、登山者の三種の神器として挙げられる雨具登山靴ヘッドランプ(あくまで本作の山岳部における三種の神器)の解説は詳細です。

山の天気は変わりやすいとは誰もが耳にしたことのある言葉でしょう。そのため雨具は必須。雨だけでなく、あらゆる天候から身を守る鎧です。作中ではTHE NORTH FACEMont-bellなど定番ブランドのレインウェアが登場します。

街でもよく見かけるTHE NORTH FACEのレインウェアが作中にも登場/画像はAmazonから

Mont-bellのレインパンツも出てきます/画像はAmazonから

本作が秀逸なのは、新入生たちがただ雨具を買うのではなく、部室に置かれて廃棄を待つばかりであった使い古しを修理することで、雨具を調達するところです(高額な登山用品を買うお金がないという事情がある)。

破れていたり撥水加工が薄れているボロを、補修シートなどを駆使して使えるレベルまで直していくパートは、そのまま雨具を修理する方法の解説にも繋がっており、上手い構成になっています。

NIKWAXのウェア用撥水剤などを使ってボロボロだったレインウェアを直していきます/画像はAmazonから

また、登山靴を手に入れるパートでも同様で、これまた使い古しを丁寧に磨いていくことで自分だけの一足をゲットします。

この過程は、泥団子を磨くことに夢中になった童心を思い出させるという描写と重ねられており、自分だけのモノを手に入れる根源的な喜びを活写した、素敵なエピソードになっています。

残るヘッドランプのほかにも、これぞ登山!なイメージのあるザックにテント、寝袋、バーナー、コッヘルと一通りの登山用品の解説があり、見ているだけでちょっと登山してみたいかも……と楽しくなってきます。

『山を渡る -三多摩大岳部録-』3巻の表紙。みんなが頭に付けているヘッドライトは必携だと説明されます/画像はAmazonから

1
2

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ