映画『ゴジラ-1.0』米国公開の邦画実写作品で興収1位 34年ぶりに記録更新

映画『ゴジラ-1.0』米国公開の邦画実写作品で興収1位 34年ぶりに記録更新
映画『ゴジラ-1.0』米国公開の邦画実写作品で興収1位 34年ぶりに記録更新

各メディアからも称賛されている映画『ゴジラ-1.0』/画像は公式Xから

映画『ゴジラ-1.0(ゴジラマイナスワン)』が、アメリカで公開された歴代邦画実写作品で興行収入1位になったことを公式Xが伝えている。

アメリカ現地時間12月5日、全米における累計興収が1436万ドルを突破。これにより『子猫物語』(北米では1989年公開)の記録、約1329万ドルを突破。

34年ぶりに記録を更新した(興行収入はデジタル市場の調査・分析を行うComscore社調べ)。

また、12月4日には全米デイリーランキングで興収1位を記録。北米での上映館数も拡大し、オープニング時の2308館から2500館以上にまで増えることとなった。

主演・神木隆之介「世界のタカシと呼ばせていただきます」

この快挙達成に併せて、山崎貴監督と主演・神木隆之介さんのコメントも公開された。

【山崎貴監督】
長い間破られなかった記録を他ならぬゴジラが飛び越えてくれたことが嬉しいです。
思い返せば、キャストもスタッフも愚直にただひたすらに面白い物を!と作っていたことが、このような素敵な結果に繋がったんだと思います。
このことをずっと覚えていようと思います。

【神木隆之介さん】
公開から約1ヶ月が経ち日本でもたくさんの方に観ていただいて、そしてさらに、全米での歴代邦画実写の新記録!
アメリカの方々にもたくさん観ていただいていて、夢みたいです!!幸せでございます!
そしてそして、さらに色んな国や地域でも公開されるなんて!

そこで僕は思いました。
これから山崎監督の事はちゃんと、「世界のタカシ」と呼ばせていただきます。 
本当に皆様のおかげです!ありがとうございます!

アメリカにおける記録を次々と打ち破っている『ゴジラ-1.0』

映画『ゴジラ-1.0』は、2016年公開の映画『シン・ゴジラ』以来7年ぶりとなるシリーズ最新作。

日本では“ゴジラの日”である11月3日から公開中。12月3日までに観客動員数は248万人、興行収入は38億2000万円を突破している。
映画『ゴジラ-1.0』英語圏向け最終トレーラー
アメリカでは12月1日から公開。12月3日までのオープニング興収で約1100万ドル(約16億円)を記録した。これは、2023年に公開された非英語作品のオープニング興収で1位の記録となる。

また、日本で製作された「ゴジラ」シリーズのアメリカにおける歴代最高興収(『ゴジラ2000 ミレニアム』の約1003万ドル)を、オープニング興収のみで突破。24年ぶりに記録を更新していた。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

『ゴジラ』をもっと知る!

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ