動画配信サービス「GYAO!」3月で終了 運営グループがLINEショート動画に注力

動画配信サービス「GYAO!」3月で終了 運営グループがLINEショート動画に注力
動画配信サービス「GYAO!」3月で終了 運営グループがLINEショート動画に注力

「GYAO!」/画像は公式サイトより

Zホールディングス、Z Entertainment、ヤフー、GYAO、LINEが連名で、無料動画配信サービス「GYAO!」のサービス終了を発表した。

サービスの終了は、3月31日(金)の17時を予定。「GYAO!」のサービス終了に伴い、関連サービスの「GYAO!ストア」「トレンドニュース」も終了する。

各社が共同で発表した声明では、サービス終了の理由を縦型動画サービス「LINE VOOM」にグループの動画領域の経営資源を集中するためだと説明している(外部リンク)。

冬クールのアニメは、最終話まで配信されない可能性も

「GYAO!」は、アニメ・映画ドラマなどを主軸とした無料動画配信サービス。

映画やドラマについては無料で配信しているもの以外にも有料でレンタルすることが可能であり、オリジナル番組の制作も行っていた。

今後は、2月13日(月)に「GYAO!ストア」上の全商品が販売終了。3月31日(金)には購入済みの商品の視聴もできなくなる。

3月31日(金)の17時には全作品の視聴ができなくなってしまうため、現在放送中のアニメ作品については一部、最終話まで配信されなかったり、配信期間が短くなってしまう可能性がある。どの作品が該当するのかは別途アナウンスされている(外部リンク)。

「LINE LIVE」も同じ理由でサービス終了へ

今回各社が共同で発表した声明では、動画領域の経営資源を集中させる先として、LINEとLINEから委託を受けたZ Entertainmentが共同で運営する縦型ショート動画のサービス「LINE VOOM」が挙げられている。

「LINE VOOM」は、2021年11月にリリースされたLINE内の動画プラットフォーム。声明では、グループ内サービスとの連携を強化していくとの展望も書かれている。

LINEの関連サービスとしては、「LINE LIVE」が同じく3月末をもってサービスを終了することが発表されている。 その際に出されたLINEによるプレスリリースでは、サービス終了の理由が「GYAO!」と同じく「昨今のインターネット市場の変化に伴い、経営資源の集中を行う」ためだとされている。

縦型のショート動画では、すでにTikTokやYouTubeショート、Instagramといった強力な先行サービスが存在している。その中で、複数のサービスを終了させてまで注力するという「LINE VOOM」がどのような施策を打っていくのか、注目していきたい。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

サービス終了に関する記事

関連キーフレーズ

1件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:6461)

GYAOなどヤフー系列は継続に不穏な動きが多くなってきたかな、選ぶのに鷹の眼が必要な時代へ。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ