3

漫画の技が現実に! RIZIN矢地佑介さんも実践する武道系動画6選

漫画の技が現実に! RIZIN矢地佑介さんも実践する武道系動画6選

画像は動画「躰道vs総合格闘技!世界4連覇の達人が放つ「躰道」を食らう・・!」から

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、働き方や生活が変わった影響で、YouTubeでも流行のジャンルに変化が現れました。

筋トレ・フィットネス系やキャンプなどのアウトドア系などが流行する中、一部の世代に注目を集めているのが武術・武道系動画。

最近では、武術・武道専門情報誌の『月刊秘伝』が「輝け!武道武術系YouTube動画アワード」を開催するほど、武道に関する動画の数は増えています。

RIZIN」や「Breaking Down」のような格闘技・喧嘩コンテンツが流行する今だからこそ、筆者のような素人が見ても面白く、格闘技とは一味違った武術・武道系の動画を紹介したいと思います。

すべての始まりとなった「ヤッチくんチャンネル」

今回注目したいのが、「RIZIN」にも出場する総合格闘家の矢地祐介さん。この方が上げた動画から武術・武道、格闘技に興味を持った視聴者は多いのではないでしょうか。

矢地さんはもともと、自身のチャンネルの企画としてお笑いコンビ・デニスの植野行雄さんと漫画「バキ」シリーズの技を実際にやってみるという動画を上げていました。

それ自体も面白い企画だったのですが、「ヤッチくんチャンネル」は「ジークンドー」の達人・石井東吾さんの登場で注目を集めます。
総合格闘技 VS ジークンドー!ブルース・リー直伝のワンインチパンチ、衝撃の被弾・・!
動画で石井東吾さんが披露した技は、漫画のような凄まじいものでした。この動画を皮切りに『ヤッチくんチャンネル』では、“達人シリーズ”として、たくさんの武術・武道家の方々とのコラボ動画が投稿されています。

達人の先生方がYouTubeという表舞台に出てくれるきっかけをつくったのは、間違いなく矢地祐介さんのチャンネルだと言えるでしょう。

ブルース・リーの直系の弟子、ジークンドー・石井東吾

武道の動画としてまず紹介したいのは、やはり登場から凄まじいインパクトを残した石井東吾さんです。

使用する武術は、かのブルース・リーが開発した武術「截拳道(ジークンドー)」。

建築資材用の板すら簡単に割ってしまうワンインチパンチは、武術に興味がない人が見ても驚くこと間違いなし。どのようにその威力が出ているかという理論まで説明してくれているので、ぜひ見てみてください。
奇跡の神技連発、石井東吾に極厚の板を叩かせたらとんでもないことになった【ワンインチパンチ】
植野行雄さん、矢地祐介さんのチャンネルでも撮影・編集を担当している神戸勇輝さん、石井東吾先生の弟子・平良宗大さんとのチームでやっている「ワンインチチャンネル」(外部リンクも最高に面白いです。

4人の掛け合いが面白いので、武術をわからない人でも楽しんで見られはず。朝倉未来さん、朝倉海さんの兄弟や那須川天心さんなど、沢山の格闘家ともコラボしている注目の1人です。

バキのシーンを完全再現、合気道・白川竜次

次に紹介するのは、誰もが1度は聞いたことがあるであろう武術「合気道」の白川竜次さん。

「バキ」シリーズには合気道の達人・渋川剛気がただの握手で相手を跪かせるというシーンがあるのですが、これを実際にやってのけてしまう達人です。
【バキ検証】合気道の達人と検証!渋川剛気の様に握手から相手をねじ伏せることができるのか?
漫画の技を現実で見られるというのは、バキ好きには最高の贅沢ではないでしょうか。

白川先生が道場長をつとめる「合気道神武錬成塾」の公式チャンネル(外部リンク)でも美しい技の数々やコラボ、トレーニング・技術動画などが見られるため、経験者、未経験者も飽きさせない内容となっております。

1
2

こんな記事も読まれています

1
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーに関する最新ニュースを毎日更新中。ユーザー投稿記事は、ポップカルチャーの最新情報をお届けするべく、「記事投稿」機能を利用してユーザーのみなさんから投稿された記事を、編集部による厳正な審査と、校閲・校正を経て掲載しています。審査の基準や機能については、ユーザー機能ヘルプページをご覧ください。

ページトップへ