KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

99

そのツイート大丈夫? 侮辱罪が厳罰化 誹謗中傷で懲役禁錮or罰金に

そのツイート大丈夫? 侮辱罪が厳罰化 誹謗中傷で懲役禁錮or罰金に

Photo by Jonas Leupe on Unsplash

インターネットやSNS上での誹謗中傷対策として、侮辱罪を厳罰化する改正刑法が本日7月7日(木)から施行された。

これまでの法定刑は“30日未満の拘留、または1万円未満の制裁金の支払い”だったが、それに加えて今後“1年以下の懲役または禁錮、もしくは30万円以下の罰金”となる。

また、公訴時効が1年から3年に伸びたことで、誹謗中傷の投稿者を特定する情報の開示請求や、その後の立件にかけられる時間にも余裕ができる。

今回の厳罰化は、2020年に亡くなったプロレスラー・木村花さんが誹謗中傷を受けていたことで議論が進み、6月13日に決定していた。

※公訴時効とは、犯罪行為が終わった時点から起算して一定の期間が経過すると、その後の起訴が許されなくなる制度

UUUMやすとぷり運営も対策に乗り出す誹謗中傷の問題

誹謗中傷を巡る問題は近年常態化しており、TVはもちろん、YouTubeなどのインターネットやSNSとの親和性が高いプラットフォームで活動するタレントが多くの被害に遭っている。

2022年の上半期だけでも、HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんが所属するマルチチャンネルネットワーク・UUUM、タクティカルFPS『VALORANT』の世界大会で3位となり歴史を塗り替えたプロゲーミングチーム・ZETA DIVISIONといった組織が、誹謗中傷への対策状況や声明を発表。

そのほか、6人組エンタメユニット・すとぷりを運営する株式会社STPRや、バーチャルシンガー・花譜さんや音楽ユニット・DUSTCELLを擁するクリエイティブレーベル・KAMITSUBAKI STUDIOなども同様の発表を行っている。
1
2

こんな記事も読まれています

73
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ