DUSTCELL

だすとせる

ボーカルのEMA、コンポーザーのMisumiによって結成されたネット発の音楽ユニット・DUSTCELL。


2019年10月の結成後まもなく、花譜らを擁するクリエイティブレーベル・KAMITSUBAKI STUDIOへの所属を発表し、最初の楽曲「CULT」は投稿から1ヶ月経たずして100万再生を突破した。


YouTubeチャンネルの登録者数は29万人(2021年5月現在)。

EMA

DUSTCELLのボーカル。

幼い頃から歌うことが好きで、パソコンを使い始めた中学生当時、ニコニコ動画やボカロの全盛期を迎えたため、「歌ってみた」ジャンルで活動するように。

Misumiとは、現在とは違う名義で歌い手として活動していた時に出会っている。

その後、配信者としても活動してきた。配信者としての活動をやめる際、歌い手としての活動に戻るのではなく、全部一回リセットしようと決めて、「こんな僕で良かったら一緒にやってください」とMisumiに伝えてDUSTCELLが結成された。

KAI-YOU Premiumの前後編インタビューに詳しい(関連記事)

Misumi

DUSTCELLのコンポーザー。

高校時代、軽音楽部でバンド活動を行なっていた。

次第に、バンド音楽だけではなく、ネットレーベルの音楽に触れることでクラブミュージックシーンやダンスミュージックシーンに関心を持つようになり、2015年にはボカロPデビュー。

特に、早世したネット発のアーティスト・imoutoidの存在が印象的だと後に「KAI-YOU Premium」でのインタビューで語っている。

「狂う獣」「オルターエゴ」「ドロシー」などダークな楽曲から「反重力の街」「ゼロで割る」「アリア」などブライトな楽曲まで、幅広い曲調のボカロ曲で殿堂入りを果たす。

2019年10月からはシンガーのEMAとユニットDUSTCELLを始動。全曲の作曲、編曲を担当している。

同じカテゴリーのキーフレーズ

音楽・映像

更新日: 139日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ