50

ディズニー商品の高額転売に対策 メルカリとオリエンタルランドが協定

ディズニー商品の高額転売に対策 メルカリとオリエンタルランドが協定

東京ディズニーランド

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、フリーマーケットサービス・メルカリを運営するメルカリ社と「安心・安全な取引環境の構築に向けた覚書」を、3月24日(木)締結したことを発表した。

本協定によって、両社は商品情報や発売情報を事前に共有。特定の新商品発売前後の注意喚起や権利侵害品対策が行われる。

ディズニー商品の高額転売を問題視、行ってきた対策

オリエンタルランド側は、特定商品の情報や発売情報などをメルカリに事前に提供。また、東京ディズニーリゾートや公式サイトなどで注意喚起を行う。

メルカリ側はその情報提供に基づき、特定商品の取引に対して「メルカリ」アプリ上や公式ブログでの注意喚起を実施。利用規約に違反する特定商品の出品を削除する。

ディズニー関連商品の高額転売が問題となっていた昨今。

本協定の発表に際してオリエンタルランドは、これまでにも、「パークチケット確認による店舗の入店回数の制限や購入券配布による会計回数の制限、一度の会計あたりの購入個数の制限」などの転売対策を行ってきたと説明。

メルカリ社との協定により、「発売前後の注意喚起や不適切な出品の取り下げ」などが行われるとしている。

転売騒動を巡って

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

27
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ