KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

86

HIKKY、世界100都市をメタバース化 物理法則無視した店舗設計の構想発表

HIKKY、世界100都市をメタバース化 物理法則無視した店舗設計の構想発表

「パラリアルワールドプロジェクト」メインビジュアル

POPなポイントを3行で

  • VR法人HIKKY、世界100都市のメタバース化を目指す
  • 「パラリアルワールドプロジェクト」の発足を発表
  • 100都市のメタバース化は5年以内を想定
株式会社HIKKY(VR法人HIKKY)が、世界の100都市をメタバース化する「パラリアルワールドプロジェクト」の発足を発表した。世界100都市のメタバース化は5年以内を想定している。

このプロジェクトは、現実世界に実在する都市をメタバース上の都市として解釈し直すことで、現実の良さとメタバースならではの表現を両立させ、新たな都市をデザインするもの。

誰もが自由に解釈し、自由に利用できるパラリアル都市の実現を目指している。

2021年は渋谷と秋葉原をメタバース上で再現

パラリアルワールドNo.1 パラリアル渋谷

パラリアルワールドNo.2 パラリアル秋葉原

世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」をはじめとしたVRサービスを提供するしているHIKKY。

同社の提唱する“パラリアル”は、“パラレルワールド(並行世界)”と“リアル(現実世界)”を合わせた造語で、リアルとメタバースに並行して存在することを指す。

2021年には渋谷と秋葉原をメタバース上で再現しており、「パラリアルワールドプロジェクト」の先行事例とも言える世界をつくっていたが、2022年度中には大阪とニューヨークをメタバース化し、パラリアル都市として再現するという。

観光、教育なども視野に入れる「パラリアルワールドプロジェクト」

パラリアル渋谷広告ジャックの様子

メタバース店舗での接客のイメージ

「パラリアルワールドプロジェクト」は、「バーチャルマーケット」などで実現しているメタバース空間への出店や、イベントの開催、広告ジャックなどを想定している。

店舗のデザインや広告の形態は、物理法則を無視したメタバースならではの方法で行うことが可能。リアルであればハードルが非常に高い都市全体を丸ごとジャックするような超大型イベントの実施も、機材設置や運営人員など、様々な要因に囚われずに考えることができる。 また将来的には観光旅行の可能性を拡大させ、観光業界を支援することも目的としている。ほか、行政手続きをメタバース空間で行うことや、どこからでもアクセス可能な特徴を生かした教育関連の施策も想定されている。

これらパラリアル都市での制作要望や利用については、HIKKY公式サイトのフォームから問い合わせることができる(外部リンク)。

HIKKYがつくってきた未来

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

77
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ