354

連載 | #8 She Sees Scene

【写真】セクシー女優 河北彩花「気持ちいい選択を」前向きな明日の作り方

【写真】セクシー女優 河北彩花「気持ちいい選択を」前向きな明日の作り方

自分らしい彩花の作り方。

  • 51 images

POPなポイントを3行で

  • 河北彩花が花越しに魅せる人間性
  • ネガティブなときも立ち直れる理由
  • 「気持ちいいと感じる選択」とは
セクシー女優たちの知られざる一面を垣間見るフォトレポート連載「She Sees Scene」。フォトグラファーのヤンス・キムさんが切り取るのは、本人すら気づいていない刹那の「Scene」。

第8回に登場してくれた河北彩花さんは、その美しさに加え、繊細で細やかな人間性も兼ね備えています。 かつては感情表現が得意じゃなかったという彼女が、前を向けるようになった理由を確かな言葉で語ってくれました。

「気持ちがポジティブになる」というback numberの曲を聞きながら、まだ見ぬ彼女の一面を取りこぼさないように。 取材:かよちゃん 文:ミクニシオリ 写真:ヤンス・キム フラワーアレンジ:岡本悠
【写真50枚】河北彩花さんの写真をもっと見る

凛とする河北彩花と花

「ツンとして見られるけど…」繊細な感性

──撮影中、何度も花を愛でていたのが印象的でした。

河北 お花は小さい頃から好きなんです。お花以外だとアートも好きで、お家にも自分の好みの絵を飾ったりしています。

──お花はご自宅に飾られるんですか?

河北 今自宅はお花を置く空間を上手くつくれていなくて……。なので、両親やお世話になっている方に、プレゼントとしてお花を贈ることの方が多いですね。

──他人に似合うものをイメージするのが好きなんですか?

河北 もともとアパレル関係の勉強をしていたこともあって、相手に合うものをコーディネートするのが楽しいんです。

普段本人が自分では選ばないもの、似合うと思っていないものを選んで、喜んでもらえるのが嬉しい。

──洋服を選んであげることも?

河北 相談されたら真剣に選んじゃいます。骨格やパーソナルカラー、髪型や本人の好きそうな雰囲気など、いろんな視点から似合うもののイメージをふくらませるんです。

いつか自分のアパレルブランドを持ってみたいなとも考えているので、これからもファッションのことはしっかり考えていきたいです。 ──河北さんにとってファッションの良さってなんですか?

河北 日常に何気ない前向きさをくれるところかな。夜寝る前に絶対、次の日に着る服を考えるんです。

ひとつ着たいアイテムを選んで、それに合うコーデを考えて。合わせ方が変わると、同じ服を着ていても新しい服を着たような気持ちになれるから。それだけで一日頑張れる気がしちゃうんですよね。

──河北さんは自分の考えを言葉にするのも上手ですし、大人っぽい方なんですね。

河北 そう言われることが多いですね。もちろん人と同じくらい、日によってテンションの差はあるんですが、周りには伝わらないみたいです。

嬉しいときもあまり顔に出ないんですが、私にとってはこれが自然体。無理に元気に振る舞うより、こうやってじっくりお話する方が好きです。

──でも物腰は柔らかくて丁寧で、すごく話しやすいです。

河北 身長が高いせいか、初対面ではツンとしているように見られることが多いんですが、人とお話するのは好きなんです。あまり自分から行けないけど、実は受け身に待っている自分もいたり。

──人といる時間も、1人でいる時間も欲しいタイプですか?

河北 そうですね。人と話すのも好きだけど、人といるとどうしても気を使っちゃうタイプで。

頼まれているわけじゃないし、自分の性質なんですけどね。誰かといると、相手が何を感じているか、楽しいかどうかにもアンテナを張っちゃう。

だからたまには1人でマイペースになれる時間もあった方がバランスがいいんです。

「気持ちいいと感じる選択を」河北彩花の前の向き方

──非常に繊細で優しい印象ですが、ご自身の性格をどのように捉えていますか?

河北 真面目すぎる……と言われることもあります。考えすぎてモヤモヤすることが多かったけど、今は昔よりポジティブに考えられることも多いです。

昔から聞き役になることが多いタイプだったけど、今は周りの方に、頑張って自分の感情をオープンに伝えるようにしていて。自分の繊細な性質を周りに理解してもらえるようになったら、昔よりも気持ちが楽になりました。

──優しい人って自分の中で抱えちゃいますよね。そういう自分を、自分で理解できた感じでしょうか?

河北 たくさん本を読んだりして、自分のネガティブな思考と向き合えるようになって、対処法をやっと見つけた感じです。

今でも自分の振る舞いが正しかったか気になって、家に帰って1人反省会しちゃうこともありますけどね。

──そういうときはどうやって発散するんですか?

河北 曲を聴いたり、歌ったりすることが多いです。しゃべらないと感情が溜まっていっちゃうけど、自分の気持ちを代弁してくれている曲を聴くと、わかってもらえたような気がしてスッキリする。

感情移入しがちなタイプなので、音楽を聴いて泣いちゃうことも多いけど、それが逆にデトックスにもなっています。

──感情を表に出す瞬間は必要ということですね。 河北 そう思います。1人になると将来のことがぼんやり不安になることもあるし、他人と比べて自分を卑下しちゃうこともあるけど、自分は自分の人生を生きようって思えるようになりました。

今は仕事の環境にも恵まれているし、ここで頑張りたいって思う自分がいるんです。

──様々なことに前向きに取り組んでいこうという姿勢が感じられます。その中で大切にしているポリシーはありますか?

河北 女の子って、知らないうちに頑張り過ぎちゃうことも多いじゃないですか。でも、選択するのは自分だから。自分が気持ちいいと思うもの、好きなものをなるべく選んでいきたいし、みんなにもそうであってほしいなと思います。 【写真50枚】河北彩花さんの写真をもっと見る 河北彩花さんの出演作品をチェックする(FANZA)

まだ見ぬ彼女に会ってみる?

河北彩花 // かわきたさいか

セクシー女優

1999年4月24日 生まれ、S1専属女優。

Twitter
Instagram

河北彩花

yansu KIM // ヤンス・キム

フォトグラファー

1992年、奈良県香芝市生まれ。東京都世田谷区在住。amanaグループ株式会社acubeにてシズル専門の静止画映像撮影チームを経験後、独立。透明感のある世界観で静止画・動画問わず、広告、Web、雑誌を中心に活動中。

Twitter
Instagram

yansu KIM

岡本悠 // おかもとゆう

フラワースタイリスト

1992年、北海道出身。花と植物を用いた撮影のヴィジュアルディレクションなどで活動。2020年よりフリーに。

岡本悠

こんな記事も読まれています

連載

She Sees Scene

ここに広がるのは、彼女のためだけの世界。世界の未来は見えないけど、世界の幸せは叶えられないかもしれないけど、どうか自分の世界だけは美しくありますように。 「ちょっとさ、世界やばそうだよね。」 「わかる。でも遊びたいよね。」 彼女たち自身にしか見えていないはずの、今しかない祈り。その刹那の「scene」を切り取る。 息遣いが聞こえるほどリアルな日常を切り取るフォトグラファー 「ヤンス・キム」さん。私たちは、その場所に自分が存在するかのような匂いや音が聞こえる写真の世界を覗き込む。

関連キーフレーズ

299
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ