1151

連載 | #5 She Sees Scene

【写真】セクシー女優 山岸逢花に起きた変化 自分の「好き」に対する責任と自信

【写真】セクシー女優 山岸逢花に起きた変化 自分の「好き」に対する責任と自信

また一歩、大人になった君の記録。

  • 51 images

POPなポイントを3行で

  • 花が大好きな山岸逢花が愛でる花々
  • 変化がたくさんあったあいぱんの新しい一面
  • あいぱんから、みんなに伝えたいこと
セクシー女優たちの知られざる一面を垣間見るフォトレポート連載「She Sees Scene」。フォトグラファーのヤンス・キムさんが切り取るのは、本人すら気づいていない刹那の「Scene」。

第5回に登場するのは、花が大好きな“あいぱん”こと山岸逢花さん。撮影中も花束を愛おしそうに見つめる横顔が印象的だった。 終始柔らかい笑顔を見せた山岸さんは最近、自分と向き合う時間が増える中で、大きな変化が訪れたという。

取材中流れていたharuka nakamuraさんの楽曲とともに、彼女から出た言葉。

「自分を形づくるものを、自分で選びたい」──変化を経た山岸逢花という女性の芯を感じた。 取材:かよちゃん 文:ミクニシオリ 写真:ヤンス・キム フラワーアレンジ:岡本悠

【写真50枚】山岸逢花さんの写真をもっと見る

山岸逢花が愛でる花々

自分を構成するもの、自分で選ぶ

──山岸さんは花が好きとうかがいましたが、特別好きな種類はありますか?

山岸 最近は、ダリアが好きですね。前からかっこいいなと思っていたんですけど、自分には似合わないんじゃないかって。

今まで、自分に似合うのはカスミソウのような主張の薄い、素朴な花だと思っていたんです。でも、最近自分の中で変化があって、より華やかで芯がある花を選びたい気分なんですよね。

──具体的にどんな変化があったんでしょうか?

山岸 私、ずっと人に合わせながら生きてきたタイプだったんです。自分の気持ちよりも、人がいいと感じるものを選んだ方がいいと思っていました。自分のこだわる必要のないことは、人に合わせる方が円滑だとか思ったり。

でも、コロナ禍で過ごし方が少しずつ変わってきて、自分と向き合っていくうちに、自分が好きだと感じたものは、声を大にして好きと言っていきたいなって。 ──KAI-YOUでの連載「ガール・ミーツ・ストリート」のインタビューでは、まだ自分探し中とおっしゃってましたよね。心境の変化にきっかけはあったんでしょうか?

山岸 もともと自分自身に対して考えることはあるんですけど、腑に落ちなかった失敗から自分のことを振り返ってみたんです。

そうすると自分の今までの考え方って本当にそれでいいのかなって思えてきて。結局はどっちつかずにしてきたことが招いていて、一瞬人のせいにした失敗の結果はそれまでの自分の選択次第だったんですよね。

そんなこともあって、今はもっと心の声を受け取って自分を構成するものをきちんと選んでいきたい気分なんです。だから花も、一本筋が通ったような主張のある子に惹かれちゃいます。 ──自分に正直に「好き」って言うのは意外と難しいですよね。

山岸 そうなんですよ! これが好きですっていう自分の発言ひとつひとつが、私自身を形づくると思うので、そのイメージで誰かにカテゴライズされてしまうのがずっと怖かったんです

でも今は、自分の発言にも好きなものにも、きちんと責任を持ちたいと思うようになりました。ずっと逃げてたことに、向き合おうとしているタイミングなんだと思います。

──花以外で選び方が変わったものはありますか?

山岸 音楽かな。ヒップホップも好きなんですけど、最近は癒やされたい気分なんです。七尾旅人さんやカネコアヤノさん、haruka nakamuraさんとか、ゆったりできるような音楽を選んだりしますね。

ダメな自分を許してあげるのが今のポリシー

──山岸さんは自立した女性という印象がありました。ここまでのお話で、最近はご自身でもそういった実感はあるんでしょうか?

山岸 まだまだ実感なんてないですよ!自分では子供だなと思うことばかりですね。でも最近は仕事の幅も増えていろんな人と関わるようになって、支えてもらったり気づかせてもらうことが多いです。

 ──どんなときに子供っぽいと思われるんですか?

山岸 人には厳しいところもあるのに、自分には甘かったりするんですよね。意外と時間にルーズなので、友人との待ち合わせには必ず10分遅刻しちゃったり……。

──それは意外ですね。

山岸 写真のイメージだと、すごくしっかりしてるように見られるみたいなんです(笑)。時間の管理はけっこう苦手で、次の日に予定があっても夜ふかししちゃうことが多いんです。

やりたいことに集中しすぎて気づいたら深夜3時……なんてこともよくあります。それでも生きていけてるから大丈夫でしょっていう謎のポジティブさで、自分を納得させています(笑)。 ──自分を責めすぎないポジティブさも大切なのかもしれません。

山岸 私は1人だけど、いろんな側面があって、今はダメなところも含めて”自分”だと思うようにしています。

「きちんとした自分じゃないとダメ」って思いが強すぎると、やっぱり結構しんどいんですよね。出来ないことは意外と人を頼るとうまくいったりして、こうでなきゃいけないと思いすぎないことも今の自分のポリシーです。

自分の足りない部分を適度に許しつつ、いいところは褒めながらバージョンアップしていきたいですね 【写真】山岸逢花さんの写真をもっと見る 山岸逢花さんの出演作品をチェックする(FANZA)

まだ見ぬ彼女に会ってみる?

山岸逢花 // やまぎしあいか

セクシー女優

1992年11月30日生まれ、PREMIUM専属女優。
Twitter:https://twitter.com/aikayamagishi/
Instagram:https://www.instagram.com/aikayamagishi/

山岸逢花

yansu KIM // ヤンス・キム

フォトグラファー

1992年、奈良県香芝市生まれ。東京都世田谷区在住。amanaグループ株式会社acubeにてシズル専門の静止画映像撮影チームを経験後、独立。透明感のある世界観で静止画・動画問わず、広告、Web、雑誌を中心に活動中。
Twitter:https://twitter.com/yansukim
Instagram:https://www.instagram.com/yansukim/

yansu KIM

岡本悠 // おかもとゆう

フラワースタイリスト

1992年、北海道出身。花と植物を用いた撮影のヴィジュアルディレクションなどで活動。2020年よりフリーに。

岡本悠

こんな記事も読まれています

連載

She Sees Scene

ここに広がるのは、彼女のためだけの世界。世界の未来は見えないけど、世界の幸せは叶えられないかもしれないけど、どうか自分の世界だけは美しくありますように。 「ちょっとさ、世界やばそうだよね。」 「わかる。でも遊びたいよね。」 彼女たち自身にしか見えていないはずの、今しかない祈り。その刹那の「scene」を切り取る。 息遣いが聞こえるほどリアルな日常を切り取るフォトグラファー 「ヤンス・キム」さん。私たちは、その場所に自分が存在するかのような匂いや音が聞こえる写真の世界を覗き込む。

関連キーフレーズ

1148
Share
2
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ