53

『KADOKAWAのメディアミックス全史』無料配信 従業員に配布された非売書籍

『KADOKAWAのメディアミックス全史』無料配信 従業員に配布された非売書籍

『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』/画像はBOOK☆WALKERから

POPなポイントを3行で

  • KADOKAWAの従業員に配布された非売品の社史
  • SNSでの反響を受けて電子版が無料配信
  • 月末までの期間限定
KADOKAWAグループの従業員に配布されSNSで話題になった『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』の電子版が、11月30日(火)まで、電子書籍ストア・BOOK☆WALKERで無料配信されている(外部リンク)。

配信期間中に無料購入した場合は、配信期間終了後も読むことができる。

また2022年3月までは、BOOK☆WALKERの「文庫・ラノベ読み放題サービス」の加入者も読むことが可能だ。

『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』概要
【内容】
KADOKAWAとは何ものでどこに向かおうとしているのか? 「デジタル・メガコンテンツ・パブリッシャー」というビジョンの実現に向けて業態変革(トランスフォーメーション)を繰り返すKADOKAWAが、80年代のメディアミックス戦略に始まる激動の歴史をみずから紐解き、その試行錯誤の軌跡をたどる。

【目次】
はじめに
第Ⅰ章 八〇年代 「雑誌の時代」とサブカルチャーの発見と育成
第Ⅱ章 九〇年代 分裂から創業へ、危機から再生へ
第Ⅲ章 二〇〇〇年代 サブカルチャー黄金期へ
第Ⅳ章 二〇一〇年代 デジタル・メガコンテンツ・パブリッシャーへ
第Ⅴ章 KADOKAWAのネット・デジタル二〇年史
第Ⅵ章 KADOKAWAのグローバル展開二〇年史
第Ⅶ章 トランスフォーメーションの三〇年史
巻末の辞 創業七五周年を祝う 角川歴彦
あとがき
角川グループ略年表

反響を呼んだ『KADOKAWAのメディアミックス全史』

『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』は、ライトノベルや漫画、アニメ、ゲーム、Webサービス、教育、その他関連イベントなど、多岐にわたるコンテンツを制作してきたKADOKAWAの歴史を紐解いた1冊。

1995年刊行の『角川源義の時代——角川書店をいかにして興したか』と2007年刊行の『全てがここから始まる——角川グループは何をめざすか』を含む、KADOKAWA社史3部作の3冊目で、元社長の佐藤辰男さんの執筆によるもの。 創業75周年を記念して10月に刊行され、全従業員配布向けに配布されたが、SNSを中心に「どこで読めるのか」といった要望が多く寄せられていたようだ。

こうした外部からの反響も大きかったため、非売品だった本書の配布が期間限定ながら決まった。また無断転載に対応するためにも、正規配信が必要と判断したという。

積まれた歴史と新しいはじまり

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

3
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ