41

連載 | #340 ポップな画像を紹介してみた

これが令和の土偶だ! レゴで再現されたミステリアスなボディの丸み

これが令和の土偶だ! レゴで再現されたミステリアスなボディの丸み

レゴでつくった遮光器土偶/画像はteraumaさんのTwitterより

POPなポイントを3行で

  • 遮光器土偶がレゴに、ボディの丸みも再現
  • 土偶好きの友人へのプレゼント用
  • 作者「ボディの柄のデフォルメがこだわり」
縄文時代の遺跡から発掘された、人の形をした土器である土偶

その中でも代表的な、瞼を閉じたように一本線のある大きな目をした土偶は、遮光器土偶と呼ばれています。

遮光器土偶/画像は東京国立博物館より

なぜ、原始の日本人は土偶をつくったのか?

妊娠した女性のように見えるものが多いことから、豊饒信仰のためという説が唱えられていますが、真相は歴史の彼方の中。ミステリアスな存在です。

そんな土偶の魅力にハマった友人にプレゼントするため、組み立てブロック・レゴ(LEGO)で遮光器土偶を再現した人がいます。

まずはご覧あれ。

レゴでつくった遮光器土偶/画像はteraumaさんのTwitterより

レゴでつくった遮光器土偶/画像はteraumaさんのTwitterより

遮光器土偶の丸みを見事に再現したこのボディ!

踏んでしまったら悶絶必至の角ばったイメージが強いレゴで、この滑らかな曲線を描いているのが素晴らしいですね。灰色をベースにアースカラーで彩られているのも、土っぽさが出ています。

作者「土偶の丸みをレゴで再現するのが難しかった」

このレゴ作品をつくったレゴ好きのterauma外部リンク)さんにお話を聞くと、本作品の着想のきっかけは、「レゴのパーツが遮光器土偶の目に見えたこと」とのこと。

土偶好きの友人にプレゼントするため、丸みを再現するのに苦心しながらレゴ専用の3DCGソフトで設計。足りないパーツはわざわざ海外から取り寄せたそうで、作業に要した時間は設計と組み立てを合わせて6時間ほど。

その作業の中で1番のこだわったポイントをteraumaさんに聞いてみると、「ボディの柄をデフォルメして再現したところがこだわり」とのことでした。

原初から親しまれてきた土偶が今に語り継がれてきたからこそ、令和にあっても、人はレゴの中に在りし日の土偶を見た、と言えるのかもしれません。

無限の可能性を秘めた組み立てブロック・LEGO

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ