「バーチャルマーケット」運営HIKKYが65億円調達 メタバース事業に活用

「バーチャルマーケット」運営HIKKYが65億円調達 メタバース事業に活用
「バーチャルマーケット」運営HIKKYが65億円調達 メタバース事業に活用

株式会社HIKKY

POPなポイントを3行で

  • Vket運営・HIKKYが資金調達
  • NTTドコモから65億円
  • Vketやメタバース開発に充当
世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット」をはじめとしたVRサービスの開発ソリューションを提供する株式会社HIKKYが、65億円の資金調達を行ったことを発表した。

上記は、第三者に株式を有償で引き受けてもらうことで資金を調達する第三者割当増資によって行われた。

また、HIKKYは今回株式の引受先となったNTTドコモと10月20日に資本・業務提携を締結している。

VRイベント「バーチャルマーケット」の主催HIKKY

HIKKYは、世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット」の主催などを行ってきた企業。

「バーチャルマーケット」の来場者は100万人を超えており、「バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数記録」「1時間でTwitterに投稿されたアバターの写真の最多数」の2項目でギネス世界記録にも認定されている。 今回調達した資金は、VR関連サービスの開発体制の強化、「バーチャルマーケット」や自社開発エンジン「Vket Cloud」(外部リンク)を含むVRサービス事業の国内外への拡大、組織基盤強化などに充当される予定。

より詳しい用途は「バーチャルマーケット」のnoteで公開されている(外部リンク)。

メタバースコンテンツの開発・運営などに資金を活用

「Vket Cloud」は、専用アプリを必要とせず、スマートフォンやパソコンから簡単にアクセスできるメタバースコンテンツの開発を可能とするエンジン。

コンテンツのマルチプレイにも対応しており、ボイスチャットやテキストチャットで同空間内にいる他のユーザーとのコミュニケーションも可能となっている。

HIKKY自体も今後、バーチャルマーケット事業によって繋がった数多くのクリエイターや、パートナー企業の力を借りながら同エンジンを使用した「オープンメタバース」コンテンツの開発・運営を予定している。

Vket Cloud

なお、同社の提唱する「オープンメタバース」とは以下の4つを実現していくサービスだとしている。

・プラットフォームの壁を超えて人々が行き交う環境
・オープンワールドにおける大人数での体験やコミュニケーション
・独自ドメインでオリジナルのコンテンツ展開
・デバイスフリー&アプリレスでの簡単なアクセス

ドコモ執行役員とHIKKYのCEOからもコメント

今回の資金調達に際して、NTTドコモ執行役員・ビジネスクリエーション部長の三ケ尻哲也さんと、HIKKYのCEO・舟越靖さんがコメントを発表している。
三ケ尻哲也さん

三ケ尻哲也さん

ドコモは、イノベーションにより新たな生活価値やライフスタイルを生み出し、社会を大きく変えていきたいと考えています。
その想いからブランドスローガンを「あなたと世界を変えていく。」に一新いたしました。
そして、スマートライフ事業の新規領域であるXRでは、テクノロジーの進化が様々な価値を創出します。
このたび、XRの世界的なトッププレイヤーであるHIKKY様とパートナーシップを築けることを大変嬉しく思っております。
今回の提携により、ドコモのXR事業をさらに拡大、進化させ、リアルとデジタルがシームレスにつながる様々な体験を提供し、ともに「世界を変えていく。」ことができるよう努めてまいります。

舟越靖さん

舟越靖さん

HIKKYはこの度の資金調達を通じ、数々の投資アプローチをいただきましたが、私たちが一番重視する「創造性が尊重される空間をクリエイターの皆様と共に創っていく」という理念を深く理解してくださったNTTドコモ様を第三者割当増資の引受先に選定させていただきました。

今後はNTTドコモ様とNTTグループ各社の、通信インフラを始めとした様々な技術、研究機関、世界的なネットワーク等を活用させていただきながら、独自のメタバース事業をさらに加速させていきます。同時に、NTTドコモ様へは、弊社が強みとするXRにおけるサービスや技術、コンテンツ制作などの提供を行ってまいります。

これまで支えてくださったクリエイターの皆様、バーチャルマーケットの来場者様、黎明期から参画してくださった企業の皆様には、改めまして感謝の念をお伝えしたく思います。今後も仮想空間を通じて生まれる新たな価値を広め、現実社会との架け橋となるべく、より一層努力していきたいと思います。

HIKKYについて知りたいならこっちもチェック!

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ