62

「ブラック★ロックシューター」新アニメ始動 hukeの新規ビジュアル公開

「ブラック★ロックシューター」新アニメ始動 hukeの新規ビジュアル公開

hukeさん描き下ろしの『ブラック★★ロックシューターDAWN FALL』ビジュアル

POPなポイントを3行で

  • 「ブラック★ロックシューター」の新アニメプロジェクト
  • 『ブラック★★ロックシューターDAWN FALL』が始動
  • huke描き下ろしビジュアルとコメントも解禁
ブラック★ロックシューター」の新アニメ『ブラック★★ロックシューターDAWN FALL』プロジェクトが始動。hukeさん描き下ろしビジュアルとコメントが解禁された。

「ブラック★ロックシューター」は2007年に、hukeさんによってデザインされたキャラクターからスタートし、映像化、コミカライズ、グッズ、フィギュア化など様々な展開が行われてきたプロジェクト。

新アニメはそのすべてを一新したものになっており、始動を記念して、公式サイトとポータルサイト、公式Twitter、公式Facebookが公開。ポータルサイトではイラスト誕生から現在に至るまでの変遷を見ることができる。

hukeさんからのコメント
ブラック★ロックシューターの新アニメ…?正気!?と多くのファンや皆様と同じ感想です。お話を頂いた時、hukeもとても驚きました。
絵一枚からスタートしたブラック★ロックシューターが最終的にどこに行き着くのか、是非楽しみにして頂けますと幸いです。

hukeのイラストからはじまった「ブラック★ロックシューター」

2007年12月26日に発表されたイラスト

「ブラック★ロックシューター」は、イラストレーター・hukeさんがデザインし、2007年12月26日にpixivや自身のブログで発表したオリジナルキャラクター。

このイラストに着想を得て、supercellのryoさんが楽曲をつくり、hukeさんが映像を制作。2008年6月13日にニコニコ動画に投稿された動画「ブラック★ロックシューター」は、現在までに750万再生を超えている(2021年9月現在)。
こうした国内外での反響が、のちの映像化、コミカライズ、グッズなど様々な展開につながっていった。

2017年12月26日には、hukeさん描きおろしの10周年記念イラストが公開され、大きな反響を呼び、そのイラストをもとにしたスケールフィギュアが2020年12月に発表され話題になった。

異例づくしの「ブラック★ロックシューター」アニメ化

ブラック★★ロックシューターDAWN FALL

「ブラック★ロックシューター」はこれまでに2度アニメ化されている。最初は2009年に『BLACK★ROCK SHOOTER -PILOT Edition-』および2010年に『BLACK★ROCK SHOOTER』のタイトルで、OVAとして発表された。

パイロット版として前者はパッケージソフトとして発売されたが、およそ50分の映像作品となった後者は、雑誌付録や店頭・イベントなどでのDVDの無料配布、ネット上での全編配信など、異例の無料展開を行った。

一連の無料展開によって作品との接触機会を増やし、ファンを広げ、その結果としてフィギュアをはじめとした関連商品の売り上げにつなげるという、新たなアニメビジネスに向けた挑戦的試みでもあった。

一方で、パッケージソフトとして特典を加えたBlu-rayおよび特装版も発売。「価値が高いと感じるものを手元に残しておきたい」というコレクション意識の高いユーザーもカバーしようとした(外部リンク)。

2度目のアニメ化はTVアニメ。フジテレビ「ノイタミナ」枠で2012年に全8話が放送。一般的に1クール12話前後が基本のTVシリーズにおいて、8話構成は異色であり、ここでも既存の枠組みにはない新たな展開を見せた。

©B★RS/ブラック★★ロックシューターDAWN FALL製作委員会

新たな名作の予感

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

44
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ