23

”複数推し”は当たり前 Z世代の「オタ活」SNSでの出会いはInstagramが7割

”複数推し”は当たり前 Z世代の「オタ活」SNSでの出会いはInstagramが7割

推しはいますか?

POPなポイントを3行で

  • Z世代の「オタ活」事情を調査
  • 「推し」がいるZ世代が9割
  • オタク友達と出会うSNS、Instagramが7割
Z総研が、1995年以降生まれの若年層(Z世代)における「オタ活」事情への調査を実施。

日本全国のZ世代218名に対し、「推しの有無」「直近1ヶ月でオタ活に使った金額」「SNSで知り合ったオタク友達との出会い」などについてアンケート調査を行なった。

【画像】Z世代の「オタ活」事情(9枚)

「推し」がいるのが当たり前のZ世代

推しは何人いますか?

推しの有無について、回答者の96.3%が「はい」と答えた。

また、何人の推しがいるかについて、2人以上と答えた回答者は76.1%。中でも11人以上と回答した回答者は13.3%だった。

傾向としてはジャニーズやK-POPアイドルを推している回答者が多かったものの、インフルエンサーやアニメキャラクター、アメコミヒーローなど、その対象は多岐に渡っている。

毎月3,000円以上使っているZ世代が約半数

直近1ヶ月でオタ活に使った金額はいくらか

同じタイトルのCDを最高何枚買ったことがありますか?/同じグッズを複数個買うことがありますか?/同じグッズを最高で何個買ったことがありますか?

直近1ヶ月でオタ活に使った金額については、約半数が3,000円以上使っていると回答した。実際のお金の使い道の例として、CDとグッズの買い方を尋ねたところ上の図のような結果となった。

同じタイトルのCDを最高何枚買ったことがあるかについては、2〜5枚と答えた回答者が30.3%で最多に。アイドルやアーティストによっては、同じタイトルのCDでも通常盤・初回限定版など形態を分けて販売することがある。

同じグッズを複数個買うことがあると答えた回答者は42.2%。その内2〜5個と答えた回答者は81%にものぼる。使用用・保存用など用途別に買うのは当たり前になりつつあるようだ。

珍しくなくなってきたインターネット上での出会い

SNSで出会ったオタク友達と実際にあったことはありますか?

その友達とどのSNSで出会いましたか?

その友達とはどこで会いましたか?

SNSで出会ったオタク友達と実際にあった事があるかについて、回答者の39%が「はい」と答えた。その内、その友達とどのSNSで出会ったかについて、Instagramが72.5%と半数を大きく上回った。

実際に会うきっかけは「コンサートやイベント」が70.1%で最多であるが、次点は「普通に遊ぶため」が48.3%だった。

インターネットでの出会いは危険だとされてきた昨今。スマートフォンやSNSが普及したZ世代にとって、インターネット上での友達とリアルな関係でも仲良くなるというのは、珍しくなくなってきているようだ。

【調査概要】
調査時期:2021年7月9日~5月18日
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国、12〜15歳59名、16〜18歳100名、19〜22歳41名、23歳〜25歳18名、計女218名

ティーンカルチャーの深淵を探る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ