14

2020年コミック市場は史上最大の6126億円 『鬼滅の刃』とコロナ禍が影響

2020年コミック市場は史上最大の6126億円 『鬼滅の刃』とコロナ禍が影響

『鬼滅の刃』1巻/画像はAmazonから

POPなポイントを3行で

  • 2020年のコミック市場統計発表
  • 市場規模は統計開始以来最大の6126億円
  • 『鬼滅の刃』と巣ごもり需要の影響大
全国出版協会・出版科学研究所が2月25日、『出版月報』2月号で2020年(1~12月期累計)のコミック市場の統計を発表した。

紙と電子を合わせたコミック市場規模(推定販売金額)は前年比23%増の6126億円と、初めて6000億円を突破。

これまでのピークだった1995年の5864億円を超え、1978年の統計開始以来、過去最大の市場規模を記録した。

紙媒体売り上げは2706億円、雑誌の読者離れは継続

同発表によると、紙媒体の単行本の売り上げは24.9%増の2079億円、コミック誌は13.2%減の627億円となり、紙媒体としての合算では13.4%増の2706億円。

また、電子コミックは31.9%増の3420億円。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による巣ごもり需要もあり、紙も電子も大幅に増加している。

傾向としては、動画配信サービスの浸透でいつでも作品を視聴できるため、ヒット作が長く売れている一方、コミック誌は読者離れに歯止めがかかっておらず、厳しい状況が継続と分析した。

『鬼滅の刃』ヒットが牽引したコミック市場、異世界モノも人気

特筆すべき点として、劇場版が日本の歴代興行収入1位を更新した『鬼滅の刃』(集英社)の社会現象ともいえるヒットがもたらした影響に言及。

紙の単行本では『鬼滅の刃』の勢いが他作品に波及したことで、結果的に『鬼滅の刃』を除いても前年を上回る売れ行きを記録するほどの好調ぶり。

電子コミックでも『鬼滅の刃』ヒットや巣ごもり需要によって新規ユーザーが拡大し、1人当たりの購入金額も増加。1年間で827億円も上乗せされたという。

作品ジャンルとしては、「コロナ疲れ」の影響もあってか異世界をテーマにした作品が人気だったほか、電子書籍ストアオリジナル作品のヒットも目立っている。

なお、巣ごもり需要は違法海賊版サイトのアクセス数も増加させており、出版社や関連団体も対策を強化しているという。

コミック市場販売金額推移/画像は全国出版協会公式サイトより

漫画市場を牽引する集英社作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

10
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ