78

モグモ、初画集『KEMONO FABRIC TOKYO』 モリオン航空 主宰のイラストレーター

モグモ、初画集『KEMONO FABRIC TOKYO』 モリオン航空 主宰のイラストレーター

『KEMONO FABRIC TOKYO モグモ Artworks』表紙/記事中の画像はすべてAmazonより

  • 15 images

POPなポイントを3行で

  • イラストレーター・モグモの新作画集が1月20日(水)に発売
  • 企画サークル・モリオン航空を主宰するイラストレーター
  • 仮想空間で展開されるアパレルが新しいカルチャーを育む
イラストレーター・モグモさんの初の作品集『KEMONO FABRIC TOKYO モグモ Artworks』が、1月20日(水)に発売となる。

仮想現実上の空間「ケモノ・トーキョー」のガイドブックというコンセプトのもと、描き下ろしを多数収録。

100枚以上のデザイン画や38枚のシーンイラストで、VR時代に展開されるアパレルブランドが、新しいカルチャーを育む物語を浮かび上がらせる。 【画像】飛び込め、「ケモノ・トーキョー」の世界へ

独自の世界観を育むモリオン航空

モグモさんは原案・デザインを担当するHISADAKEさんと共に、企画サークル・モリオン航空を主宰するイラストレーター。

サークルのキャラクターデザイン・イラスト担当として、これまでにバーチャルHIP HOPガールズデュオ・KMNZへの衣装提供、REALITY社代表のDJ RIOさんのキャラクターデザインを担当。

バーチャルマーケット4」では、合同サークル「YOYOGI MORI」として出展し、高品質な3Dアバターの展示販売をおこなった。 また2020年10月には、自主制作漫画即売会・COMITIAなどで設定資料集を頒布してきた『永久×バレット』のメディアミックスプロジェクトがスタート。

『週刊ヤングマガジン』『good!アフタヌーン』の両誌で、同時に漫画連載がスタートしている。

VR空間のガイドブック『KEMONO FABRIC TOKYO』

今回発売となる画集は、これまで同人誌でも展開してきた仮想現実上の空間「ケモノ・トーキョー」のガイドブック。

舞台は、誰でもVR空間で好きなキャラクターの身体(アバター)を自由に手に入れるようになった時代。

画集には48の仮想のファッションブランドや、ケモノアバターを紹介する100枚以上のデザイン画、38枚のシーンイラストが収録されている。 モグモさんによるイラストや各ブランドのデザイン画、HISADAKEさんのテキストといった複数の視点から、現実的な制約に依らない発想で展開されるアパレルブランドが、新しいカルチャーを育む物語を浮かび上がらせる画集となっている。 【画像】モグモ新作画集ページサンプル

イラストレーター百花繚乱

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

72
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ