HATRA×YOYOGI MORIのバーチャルウェア開発中「新しい着用体験としてお届け」

HATRA×YOYOGI MORIのバーチャルウェア開発中「新しい着用体験としてお届け」
HATRA×YOYOGI MORIのバーチャルウェア開発中「新しい着用体験としてお届け」

HATRA

デザイナー・長見佳祐さんのファッションブランド・HATRA(ハトラ)が、アバター服飾ブランド・YOYOGI MORIとコラボ。新作のバーチャルウェアが開発中であることが発表された。

長見佳祐さんのTwitterによれば、企画サークル・モリオン航空HISADAKEさん、キャラクターデザイナー・典樹さんから声をかけられたことにより実現したという。

「これまでフィジカル<->デジタルを往復して拾い集めたアイディアを、新しい着用体験としてお届けできることにワクワクしています」とツイートし、期待に胸を膨らませている。

詳細は後日発表される予定だ。

「リミナル・ウェア」がコンセプトのHATRA

長見佳祐さんは、1987年広島県生まれのファッションデザイナー。日本服飾文化振興財団が主催する「JFLF AWARD 2018」を受賞し、「2019 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」に選出されている。

HATRAは、「リミナル・ウェア(LIMINAL WEAR)」をコンセプトに、長見佳祐さんが2010年に設立したファッションブランド。3Dクロスシミュレーションを応用した新しい身体表現を模索している。

対する、YOYOGI MORIは、典樹とモリオン航空によるアバター服飾ブランドを扱う合同サークル。

2020年5月より、VRにおける3Dキャラクター表現を追求するデザイナーたちが、各々の世界観を発表している。

ファッション×バーチャルの可能性

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。